FC2ブログ

ユリー派手になる

3年前にユリー(KUOTA KRYON)を購入して、1回走った後に即タイヤとチューブを交換しました。

あれから3年、余り距離を乗らない私でもさすがに5,000kmは超えたし、タイヤもヒビが入っている。
と言う事で、タイヤとチューブを交換しました。
この3年一度もパンクはありませんでした。凄いな(笑)。

今回も、パナレーサーのクローザープラス25Cと、アールエアー。
でも今回は黄色の縁取りのあるタイプを買いました。
前回交換するときも考えたのですがその時は23Cしかカラーの縁取りがあるタイプがなく、25Cは黒しかありませんでした。

でもあれから3年、太いタイヤが主流になりつつある中で25Cもカラーラインナップが豊富になったようで、
思い切って黄色を買ってみました。
 

と言う事で、じゃーん!(^ω^;)
遠目に見るとロゴとタイヤの縁が色が合っているように見えますが、タイヤの方が少し黄色いのよね。
ロゴは黄緑だから、近くで見るとなんだかチンドン屋(死語)です

でもまぁ、これでしばらく乗ろうと思います。
タイヤを替えました。派手になった(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

Comments 6

すた  
パンクと色

いいですねー、この色。

5千Kmパンク無し、おめでとうございます。やっぱりパンクしないほうが嬉しいものですよね。
銘柄に大きく依存しますが、5千を超えてもまだパンクしにくいものと、急激にパンクしやすくなるものとに分かれます。たぶんトレッド面の厚み?硬さ?なんだろうなぁとは思っています。急激にパンク頻度が増えるのは、簡単に言えば「すり減っちゃった」ってことですよね。

色合いですが、もしかしたらミシュランのPOWERシリーズ(PRO4かな)だとバッチリ合うかも知れませんよー。たっぷり走って半年での交換を目指してみて~(^^)♪

2019/10/01 (Tue) 20:58 | EDIT | REPLY |   
oshi  
Re: パンクと色

ミシュランですか、ネットで見てみたら良い値段でびっくり~!i-229
走る月でも300km位なので(しまなみ行った月とかで)、なかなか難しいですね~(笑)。
車なら3ヶ月で5,000kmは余裕なのですがi-229

赤や青で合わせている方は見かけるのですが、黄色はあんまり見かけないですね。
でも最近は見慣れてきました。i-229

2019/10/06 (Sun) 17:12 | EDIT | REPLY |   
すた  
タイヤ

自転車用のタイヤって、メーカーもたくさんあるし、一つのメーカー内にも数多くの銘柄がありますよね~。

それでですね、私はこんな風に考えてみたんです。

少なくとも価格が異なる商品が同一性能であるはずもなく、高いものには高いなりの理由があるだろうと。

それで最初はクロスバイクでしたが、完成車に付属していたタイヤが摩耗した頃に、ミシュランのPRO3に交換してみたのです。
もちろんミシュランにも何種類もの銘柄があるのですが、まずは一番高いものを試してみました。なにがどう異なるんだろう?を知るには、そのメーカーの一番良い製品で比較検討しないと、はっきりとは分からないだろうなぁと想像したのです。

とてつもなく感動しました。
ペダルが軽くなって、すぃすぃ進むんです。

その後は私のブログのあちこちに書いてありますが、摩耗して交換する際に、ヴィットリア、ブリヂストン、スペシャライズド、ピレリ、コンチネンタルなど、色々と買ってみました。一通り一番高い銘柄を試した後は、1つ2つ下のグレードのものなども使ったこともあります。

想像していた通りなんですが、
 A社 高いのも安いのも似たような傾向になっている
 B社 高いのは△△という性能だけど、安いのはガラリと変わってガッカリ
という違いが出ました。(個人の感想です)

そして
 X社 グリップが良い
 Y社 摩耗しにくい
 Z社 軽く進む、グリップも良い
 M社 摩耗するまでは良いが、摩耗してからは一気に性能低下
 N社 摩耗してきてもいつまでも同一性能の感じ
というような違いも、もちろんありました。

私にとっての優先順位は
 1 軽く進むこと(脚力ひ弱なので)
 2 走行途中での雨によるウェット路面でのグリップの良さ
 3 コーナーで安心して曲がるためのグリップの良さ
 4 価格・摩耗するまでの距離

4ですが、1・2・3が同一性能で、そのうえで同一価格であるなら、摩耗しにくいほうがもちろん嬉しい。でもそう都合よくは行かないんですよね。

摩耗しにくい=トレッド面の硬さ=グリップしにくいというのは、どうしてもあるように感じています。
がっつりグリップしてくれるのは、やっぱり柔らかめなので摩耗しやすい。

まあ安心を買うので、4はあまり気にしていません。

ミシュランPRO3、PRO4と買うことが多かったのですが理由は単純で、自転車屋さんで特売になることが多かったからなんです。5千円台とか、時には3千円台というときもあったりしました。
ただねぇ、転がり回転の小ささ・グリップ力は最高に良いんですが、3500kmくらいまでかなぁ。5千km超えるとかなり限界に近い。

もっとも最新のミシュランのは長持ちするのも売っているので、それだと良いのかも知れないけど、特売あんまりないんだよね(笑)

ブリヂストンのはけっこう好き。8千Km以上でもほぼ性能を保ったままでした。

コンチネンタルのGP4000SIIは硬いと思った。下のグレードのオールシーズン用をクロスバイクに使うとベストマッチングのような気がします。後継のGP5000は買ったけど、まだ試していないです。

ピレリは最高に楽しいタイヤでした。

さて次に買うとすれば・・・悩むぅ。

2019/10/09 (Wed) 11:50 | EDIT | REPLY |   
oshi  
Re: タイヤ

タイヤについてはクロスバイクの頃ホイールを変えようと思ったときにショップの方に相談した時に
こんな感じのでお勧め無いでしょうか?を聞いて帰ってきたパナレーサーを、いつも使っているという感じですね。
・今より軽いのが良い(スペシャの重~いタイヤでした、チューブもですが)
・でもパンクしにくいのが良い

チューブのアールエアーも、タイヤのクローザープラスも適度にグリップ効いていて、軽いし、安価なので気に入っています。
日本一周に出る!とかだったら、もう少し違うのを選ぶかもしれませんが、
ホビーポタポタライダーにはこれで十分かな~で、いつも同じのになってます(笑)。

もともと気に入ったらずっと使う(冒険しない)タイプ、というのもありますね(^ω^;)

ピレリはスタッドレスで使ったことありました(笑)。

2019/10/13 (Sun) 23:08 | EDIT | REPLY |   
すた  
スペシャ

スペシャの重~いタイヤですか・・・なんだろ?
私が買ったのはターボプロとかいう銘柄で、200gちょいと軽いほうでした。

使った感じはミシュランにそっくり~!
寿命(摩耗)も似たような感じ。

お値段少しだけミシュランより安かったんだけど、ミシュランよりも20~30gほど重かったのです。安くても重いのはなぁと、スペシャのは2回くらい買っただけで、またミシュランに戻ってしまった記憶があります。

2019/10/15 (Tue) 13:07 | EDIT | REPLY |   
oshi  
Re: スペシャ

詳しい諸元は以下の通りです。
https://www.specialized.com/jp/ja/vita-elite-carbon-disc-eq/p/93314

あ、タイヤのもありましたね。
https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g0002-4033/

30cだからというのもありますが、445gはさすがに重いです(笑)。

2019/10/22 (Tue) 17:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。