FC2ブログ

山スキークラブ自転車部 なんちゃって合宿@とびしま海道 2日目 その2

2日目のその1はこちら

蒲刈大橋手前に(安芸灘大橋に向かって左手)「であいの館」という道の駅みたいなところがあったので、そこで休憩することにしました。
サイクルラックも当然完備。自転車をかけていると、何か紙を持ったお姉さんが走り寄ってきた。
(¨?)?何でしょうか…。

「今サイクリストの方にアンケートをお願いしておりまして…」と言うことで、
アンケートを書くことに…。(^ω^;)

その後施設の奥のテーブルに座って「広島県のサイクリングコースに関するアンケート」(リンクをクリックすると内容が開きます)を書き書き…。
しかし、、瀬戸内の島々を眺められる素晴らしい景色に感動。
であいの館にて。アンケートを記入中のお嬢様。素晴らしい景色です。

ここで昨日買ったミカンを食べたりしつつ暫し休憩しました。
出会いの館。景色が素晴らしいですよ。

アンケートを書き終わると、バッチか手ぬぐいを戴けるという事で、私は手ぬぐいを戴きました。
昨年のサイクルしまなみの手ぬぐいですね、嬉しい~!
アンケート記入で手ぬぐい頂きました!
広げると、しまなみ海道の島と橋が書いてあります。ま、こことびしま海道ですが…(^ω^;)
橋がそれぞれちゃんと実際の橋の形にしてあって、また良いですね。
去年のしまなみサイクリングの景品ですが嬉しいな~。

その後、「であいの館」を出るとすぐに「蒲刈大橋」です。
蒲刈大橋

橋を渡ると下蒲刈島へ。ここは島の北東部を2km程さらりと走るだけです。
この辺はもう本島の呉市に近いこともあり、かなり都会ですね。
安芸灘大橋が見えてきました。
安芸灘大橋が見えてきました。自転車は無料。

「安芸灘大橋」はとびしま海道の中で唯一有料ですが、徒歩、自転車は無料です。
しかしこの時点で北西の風7m…
安芸灘大橋ですが、北西の風速7m、勿論向かい風…。

安芸灘大橋からの眺め。素晴らしい景色ですが、左から強烈な風が吹くので、自転車がふらついて大変でした
安芸灘大橋からの景色。

安芸灘大橋のモニュメントで記念撮影渡りきったところで、安芸灘大橋のモニュメントで記念撮影。
余裕があれば呉市内にでも行ってみたいところですが(2,3km)、帰りが気になるので、そのままタッチしてUターンです。


戻りも橋の上は行きと同じ方で走ります。向こう側も歩道があるのですが、
自転車だと入り辛い感じでしたので、そのまま来た道を走りました。
安芸灘大橋の帰りです。

下蒲刈島の街中を抜けていきます。石畳なので少し走りづらい。
下蒲刈島の街中を抜けていきます。石畳なので少し走りづらい。

帰りは上蒲刈島の北側を走ります(行きは南側を走った)。先程Uターンした安芸灘大橋を眺めながら走ります。
上蒲刈島の北側を走ります。先程Uターンした安芸灘大橋を眺めながら走ります。

この時点で12:30位。北側をずっと走るとお店があるか分からないねと言う事で、上蒲刈島の真ん中を突っ切る峠を登ることになりました。
私はただ付いて行っているだけですが(笑)…。

七国見山へ向かう峠道を越えます。距離は短いけど時々9%位になって、面倒くさくなり足つきして写真撮ってました(笑)。
七国見山へ向かう峠道を越えます。距離は短いけど時々9%位になって足つき(笑)。

峠のトップ。部長は左手の七国見山の道を通って、南側へ降りると言うことで、残りの3名はそのままトンネルを通って南側へ降ります。
部長が降りる辺りに「花美月」というお食事処があるので、そこでお昼を食べることにしました。
部長は左手の七国見山を経由、私達はこのままトンネルを通って、上鎌刈島の南側へ降ります。

峠を下りて島の南側道路へ降りました。行きに見かけた採石場が見えてきます。
帰りは上蒲刈島の北側を走ります。

花美月@上蒲刈島。丘を登ったところにあるので、瀬戸内の島々を眺めながら食事できます。
花美月@上蒲刈島。丘を登ったところにあるので、瀬戸内の島々を眺めながら食事できます。

13時過ぎの遅いお昼、お腹空いた~!
海鮮丼とかそういうのはなくて、地元の方の手作り料理のお店です。
瀬戸内の海をど~~んと眺められる所で食事、ただし陽射しが眩しくて半分シェードを下げて食べましたが(^ω^;)。
私はローストビーフにしましたが、大変美味しく頂きました。
お昼。ローストビーフの定食を頂きました。

小一時間後に出発、豊島大橋を渡って豊島へ渡ります。
豊島大橋を走る。

豊島も行きとは違う南側ルートを走ります。
豊島を走ります。

豊浜大橋を渡り、大崎下島へ。
道中は、車を停めて海を眺めることが出来る休憩箇所がありました。
そこで、ちょっと休憩。とびしま海道ルート図がありました。
大崎下島の休憩所。とびしま海道のルート図看板もあります。

大崎下島の休憩所で記念写真。
大崎下島の休憩所で記念写真。

大崎下島の休憩所にはサイクルラックもあるのですが、強風過ぎてMTB位じゃないと立てかけられない。
と言う事で、自転車は倒して休憩(笑)。
大崎下島の休憩所で、強風過ぎて自転車は倒して休憩(笑)。

その後走って行くと、最初に渡った岡村大橋が見えてきました。
岡村大橋が見えてきました。

そして15:20頃に岡村港到着~!
「僻地なんとか~」って言う施設があり、蒲刈大橋以外は平成に入ってからの橋ということで、
昭和の時代は船やヘリとかじゃないと例えば救急医療が受けられないとか、そういうことがあったんだろうなぁと思いました。
何となく”僻地”って、鹿児島とかの離島を思い出すのですが、昔はここも離島だったのよねと改めて実感させられました。
岡村港に到着~1時間くらい余裕がありました。

最終船まで1時間近くあるので、陽射しも暖かいので、外でまったりお菓子を食べたりして待っていました。
岡村港でまったり船を待ちます。

夕暮れの岡村港。
夕暮れの岡村港

岡村港にもサイクルラックがあります。
まぁ朝見たメンツばかりですが(笑)…。
サイクルラックもあります。

乗船券は分かるけど、上陸券なんて有るのね…。
もし上陸券無くしたら、今治港から上陸できないのだろうか…。
乗船券は分かるが、上陸券を無くしたら上陸できないのかしら…。

第二せきぜんに乗船します!
乗船します。

帰りは出遅れたため、座席が満杯。
自転車の時はクリッカーシューズを直接履いていますので(右足には中に低反発インソール等を入れて衝撃を少なくしています)
靴を脱ぐと痛みで右足は直接付けられない。
迷ったけど場所がないので、二等船室的なところで靴を脱いで、健足ケンケンして隙間を見つけて座りました。
最初こそ体育座りしていましたが、右足がL字固定でフラフラするので収まり悪い…。
と言う事で、え~い!ゴロン…狭いけど横になれそう。
ウィンドブレイカーを脚にかけて、帽子を顔に掛けて仮眠しました(笑)。
帰りは小さい島に2島寄るため(下船のみ)、1時間10分ほどかかります。その分ゆっくり寝られて良かったです。
いや~走った後の船での仮眠は良いですね~♪
帰りのフェリーで爆睡、1時間位寝れて良かった(笑)。

17:30頃に下船し、暗い中ですが1.5km程走って無事ホテルへ到着。お疲れ様~!
さて、夕食どうする??…せっかく今治に来たんだから、刺身食べたいよ~!!!
…という私のリクエストで、ホテルの方におすすめのお店を聞いて電話して開いていた「なわぶね」さんに伺いました。
健足なら徒歩で問題無い距離ですが(5分位)、クリッカーシューズでは辛い、と言う事で、私だけチャリで行きました(笑)。

なわぶね

刺身定食
刺身定食

特上寿司、お値段はリーズナブル!
にぎり寿司特上~

白子焼き、これは私のリクエスト(笑)。
白子ポン酢好きなのですが、それがなかったので、頼んでみましたが、外はカリッと、中はトロ~!とても美味しかったです!
また食べる機会があると良いなぁって思うほど美味しかったです。
白子焼き、外はカリッと中はトロ~、とても美味しかったです!

大将は気さくな方で「え~!自転車で尾道まで帰るの~w(゚o゚)w。車でも結構遠いのに…(^ω^;)」って素で驚かれていました(笑)。

初とびしま海道、少し時間が気になるので走るばっかりになってしまった感もなきにしもあらずですが、
(ネットを見ると立ち寄るところもあるのでちょっと、残念)
次回は少し寄り道したりしてみたいですね。まるせきカフェとか…。

とびしま海道は、海が近く車も少なく、フェリーに乗って…で、旅行に来ているのに
更にプチトリップ気分を味わえる、なかなか楽しい所でした!

本日の走行記録
70kmちょい、小さいアップダウンがあるので、獲得標高は900mですが、
今回余計な峠もあるので(笑)、標準コースならクロスやロードなら問題無いですね。^^
2017/11/11 とびしま海道タイム 2017/11/11 とびしま海道ルート


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。