FC2ブログ

山スキークラブ自転車部 なんちゃって合宿 in しまなみ海道@初日 その2

しまなみ海道@初日 その1はこちら

さて、ドルチェ本店を出た後は多々羅大橋を目指しますが、その前に腹ごしらえが必要です。
食べてばっかりだけど、ご飯を食べてない^^;
道中は沢山飲食店が建ち並び・・・という所では無いので、注意して走りました。

と言うことで入ったのは「かねよし」さん

あなご丼が有名みたいでしたが、つい海鮮丼を頼んでしまう^^;
この辺の海鮮系丼にはなんか生卵が乗ってるのが多い印象(ガイドブックなどに載っている写真)。
大変美味しく頂きました。平日の昼下がりでしたがお客さんは結構入ってました。
13時前だったのですが、サイクリストの方がやっぱり多かったです。
瀬戸田の「かねよし」さんで、海鮮丼。この辺の丼物には全部生卵乗ってるんだよなぁ~

瀬戸田の「かねよし」さんでお昼を食べて出発も・・・パンク?その後多々羅大橋へ出発!!
・・・も部長がポツリ。
「パンクしてるかも・・・
部長のクロモリロードはチューブラー。しかも年代物のダブルレバー。
とりあえず携帯ポンプで空気を入れつつだましだまし走れるから、交換は宿に帰ってからにするとのことでその場は出発。


街中(・・・と言っても牧歌的ですが)を抜けると、右手に海を見ながら走れました。
右手に瀬戸内の海を見ながら多々羅大橋へ向かいます。

その後多々羅大橋に取り付き、またスロープを上ります。
多々羅大橋は主塔の高さは226mでしまなみ海道の橋の中で最も高くて、
建設当時は世界一の斜張橋だったみたいです(現在は5位とか)。
多々羅大橋のスロープ

多々羅大橋へ取り付くスロープを登り切ったところに休憩ポイントがあります。
ここから多々羅大橋が綺麗に見えて暫しのんびり。
多々羅大橋に取り付くスロープ

多々羅大橋に登り切る手前の休憩ポイントで空気入れ休憩^^;のんびり休憩・・・も、本当は、部長の空気入れ休憩でした(笑)。
その間、私達は地図を見たり景色を見たりしていました。
ここからの眺めも最高、どこでも最高!って言ってますが、どこも良いところに休憩箇所が設けられていますね。

パンク対策として私は普段ガスしか持ってないのですが、今回は師匠から、レンタサイクルだからポンプを持ってきて欲しいと言われていたので、トピークの携帯ポンプを持ってきていました。
今回それがかなり役に立ったようで。。。
部長も当然ポンプは持ってきていましたが、かなりコンパクトなタイプで、それと比べるとかなり入れやすくて助かったと申しておりました。
ま、やっぱりガスがあると言っても携帯ポンプは持ってた方が良いかな・・・

持っていたのはこのタイプ。私のはゲージは付いてませんけど(^ω^;)


多々羅大橋を走ります。部長が空気を入れ終わって出発、多々羅大橋を渡ります。橋の長さは1480m、途中で広島県と愛媛県の県境があり、自転車/人が通る道には印が描いてあります。
こんな感じかな?→『広島県 | 愛媛県』
愛媛県に足を踏み入れました!私は生まれて初めての四国上陸です!(まだ海の上ですが・・・

愛媛県側の橋を降りると目の前に「道の駅 多々羅しまなみ公園」があります。
その中に「サイクリストの聖地」記念碑があります。早速多々羅大橋をバックにユリーを置いて記念写真をパチリ!
○の穴の中にお嬢様も入っています・・・(^ω^;)
二つの穴は自転車の車輪、上の大きな石は自転車のサドルを表しているんだとか。
サイクリストの聖地にて記念撮影

サイトによると
”瀬戸内しまなみ海道振興協議会と台湾サイクリスト協会が、2014年10月25日に、
瀬戸内しまなみ海道と日月潭(リーユエタン)のサイクリングコースとの姉妹自転車道協定を締結した事と、
同年10月26日、国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ」が開催されたことを記念するとともに、
瀬戸内しまなみ海道が「サイクリストの聖地」として、多くの人々に愛されることを願い建立したものです。”

とのこと。
石碑?も撮影@サイクリストの聖地

サイクリストの聖地と言うだけあって、かなり沢山のサイクルラックがありましたが、
今日は平日金曜日、ちょうど着いたときに記念撮影してた人達も去り、
ここにたむろしていたのは私達だけ、個性的な自転車ラックのオブジェに自分たちの自転車を載せて、
しばしはしゃいでおりました(笑)。
個性的な自転車ラックのオブジェに自分たちの自転車を載せました。

園内は南国リゾートのような感じで素敵な所でした。
休みの日は大勢の人で賑わっているのかもしれません。
道の駅「多々羅しまなみ公園」リゾート地のような雰囲気

その後はいよいよ大三島本島へ・・・。
大三島はアップダウンが激しい島と書いてあったので、一抹の不安が有りましたが、
なるべく傾斜の緩いところをルーティングしておきました。
余裕があれば島の北側西側を通る(外周)のも良かったですが、伯方の塩こと伯方塩業 大三島工場で工場見学をしたかったので、ショートカット島の真ん中を突き抜ける峠越え(三村峠)ルートです。
分かりづらいですが、県道に併走した自転車道があり、そこを走ると県道を走るよりは傾斜が緩く超えられるようになっていたようです。
と言うことで大過なく通過。大山祇神社の方が手前にあったのですが、工場見学の時間を考えて先に伯方の塩へ向かう。
伯方の塩 大三島工場へ向かいます。

15時前には・か・た・の・塩!」到着~♪
分かりづらいですが、手前の円柱の後ろに”チューブラーベル”風な(のど自慢の鐘のような)ものがあり、それを順に叩くと
リアル「は・か・た・の・塩!」の音が・・・でも”の”が気のせいかちょっとCMと違うような(音が外れてるような)・・・
伯方の塩 大三島工場

※参考(音を鳴らしている方は全然知らない方の動画です^^;)
 う~ん同じ?ほんのちょっと違うような(笑)・・・


大三島工場は工場見学受付は15時半まで(見学は16時まで)。
10名以上の団体の見学は予約が必要ですが、それ未満の場合はぷらっと来ても入れます。勿論無料。
しかも入ったらいきなりお土産貰いました。
見学通路内は写真撮影禁止なので中の様子はありませんが、塩の塊が・・・石灰に見えた

は・か・た・の・塩!ソフト。ホントに伯方の塩かけてましたよ・・・^^;見学を終えてからは休憩処で楽しみにしてた「伯方の塩ソフト」を購入。
本日3回目のデザートです(笑)。

驚いたのは、ソフトをウネウネって巻いた後に、私達に出してくれる直前パッパッ!
(¨?)ん、なに?
伯方の塩振ってますがな!え?そういうこと!?
フルール・ド・セルというゆっくり結晶化させた大粒の塩みたいです。

でもこれが絶妙に美味しく、多分ソフトクリーム自体も少し塩味を感じるような・・・。

工場見学のお土産と購入した伯方の塩多少荷物にはなりますが、売店でゆるキャラ「みきゃん」の伯方の塩を購入。
バリィさんも売ってましたが、私はどちらかというと「みきゃん」派なので^^;
ちなみに下のパッケージは工場見学の際にお土産として頂いた物です。


工場にも例に漏れずサイクルラックが完備されており、至れり尽くせりです。
工場にも見学者向けにちゃんとサイクルラックがあります。

その後一旦尾道方面へ1.5km程戻り、大山祇神社へ。
大山祇神社

全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社だそうで、山の神、戦勝の神・・・その他結構な神様のようで、
昔のそうそうたる武将がここをお参りしてたらしい。
時間が無かったので簡単にお参りして、ヘルメットお守りを買っただけですが、
境内は広く、歴史の深さを感じさせる所でした。
大山祇神社

ヘルメットお守り@大山祇神社購入したヘルメットお守り。
縦5cm、横1.5cmほどで、裏には両面テープが付いてますので、ヘルメットの外側の平面箇所に貼れるようになってます。
私はメットは買い替える予定なので(なにせ2007年製・・・^^;)、その場では貼らず大事に持ち帰りました。


大山祇神社にも立派な屋根付きサイクルラックがありました。
20台くらいは余裕でかけられるくらいです。
部長はここで3度目の空気入れ中^^;
大山祇神社のサイクルラック

その後は本日の宿「大三島ふるさと憩の家」を目指します。
若干アップダウンを超えて行きますが、まぁ大丈夫。
大三島の夕暮れが綺麗でした。美術館は素通り・・・^^;
伊東豊雄建築ミュージアム
大三島の夕暮れ

坂を下るともう少しで宿。この辺りで16時過ぎ、東京なら暗いけど、30分ほど日の入りが遅い愛媛県なので大丈夫でした。
宿まであと少しです!

宿は「大三島ふるさと憩の家
昭和60年に廃校になった宗像小学校の校舎を利用した宿泊施設です。
2003年の映画「船を降りたら彼女の島」の舞台になったとところのようです。


私達の部屋は保健室を分割した所(笑)。男性陣女性陣分かれて2名ずつの部屋です。
廊下は外廊下で、トイレは学校のトイレですから・・・寒いです。。真冬は厳しいな^^;
ちなみにアメニティの類は一切ありませんので、タオル・パジャマ・歯ブラシ等は持参しましょう。
(お風呂にボディソープ・シャンプー・コンディショナーは有ります)
大三島ふるさと憩の家。15年近く前映画の舞台にもなったようです。

学校の目の前は海岸で、夏は海水浴で賑わいそうです。
大三島憩の家の目の前の海岸

一泊二食付きで6,000円と安いですが、私達は少し奮発した8,500円のプラン。
夕食が豪勢らしい。
新鮮な刺身の盛り合わせ
刺身美味しい~
その後、焼き魚、煮魚、魚の揚げ物(丸物ですよ・・・)、量が多すぎて食べれませんでした。。。
3人は根性で食べてましたが、私は・・・あぁすみません・・もったいない。
焼き魚も美味しい~♪

3人はお酒飲んでましたが、私が飲めるお酒(梅酒とかカクテルとか)は無かったので、地元大三島産の「デコカンプレミアムジュース」を注文、500ccで300円ちょい。安いな。
これが激うまで、感激しました。オレンジジュースでは無い、「みかん」ジュース。
でもこれはデコポンなので、酸味がありそれがまた病みつきな味でした。
3人もこれはうまい!で、結局3本くらい頼んだかな(笑)。
デコミカンジュース激うま

明日は大三島から今治まで・・・事前の予定だとぷらぷら寄り道したら往復は厳しそう。
厳しい理由は大三島から伯方島に至る道が結構アップダウンが激しいこと^^;
「筋トレロード」と言われる所があるらしくて、ヘタレ脚の私だと厳しそう(ノ´o`)
引いたルートを辿ると獲得標高も1500m位あるし、う~ん、大丈夫かなぁ、、一番不安な2日目です。

と言うことで、朝、大三島から今治にフェリーで渡って今治から大三島に帰るか
今治に15時までに到着して、フェリーに乗って大三島に帰るか、と考えていました。
いずれにしても8時過ぎには出た方が良いよね・・・で早めに就寝・・・でもなく
ワイガヤで寝たのは結局24時近くにになりました(笑)。

サイクルコンピューターのログはこんな感じ。
GPSでログ取りなのでどうしてもたまにドカーン!と狂うときがあるのが微妙なのですが、仕方ないですね(^ω^;)
しまなみ海道初日のサイクルコンピュータのログ



話が長い!!!ですが、どうしても満載になってしまう。
応援して頂けると、次頑張れそうです・・・。m(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

Comments 1

管理人  
拍手コメントさんへ

コメントありがとうございます。
手は私の手です。ご推察通りアイスを自撮りです(笑)。
年齢の割には・・・ですが、でもやっぱり手も歳取りますね~(苦笑)。

しまなみは書きたいことがありすぎて・・・3連休で1つくらいと考えて居ましたが、
色々用事がありそれをこなす+家事炊事位で終わってしまいましたi-229

また良ければblog見に来て下さい。

2016/12/26 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。