FC2ブログ

自転車でGO!!(≧▽≦) 知床サイクリング♪ その1

もう1ヶ月も前ですが・・・^^;

さて、翌日は知床サイクリング。
単純に知床斜里から往復すると80km位になるし、平坦じゃなくてアップダウンもあるので脚力的に無理!
・・・と判断して、ウトロまでバス~知床五湖~ウトロ~知床斜里まで約65km位のルートを考えて居ました。


今日借りるのはロードバイク、しかも片面フラットのSPDペダルなので、
わざわざクリッカーシューズも持ってきた。せっかくSPDならねぇ、、少しでも貧脚をカバーしたいので(^ω^;)

欠点はクリッカーシューズだとかなり歩くのがしんどいという事。
(衝撃で右足を付くのが痛い、という個人的な理由で、クリッカーシューズの形状のせいではありません)
先日の千曲川のなんちゃって合宿で上田城を歩いたのは足が痛くてとても辛かった^^;
今日も知床五湖を散策するし、迷いましたがそのためだけに装具を持って行くのは荷物が増えるしかさばるので諦めることに。
いざとなれば散策路の手すりを握って歩けば、何も無いよりマシでしょう。
コンクリ、アスファルトより、木道や土の方が衝撃が少ないので痛みはマシです。

ごそごそ・・・クリッカーシューズを出します。

げ!( ̄□ ̄;)! !
クリッカーシューズの中敷き忘れた!アホ!!!

普段車に入れたままのクリッカーシューズ。
使った後に中敷きと、低反発インソールをを取り出して乾燥させています。
すっかり中敷きとインソールを入れるのを忘れて靴だけ持ってきてしまってたようで・・・

ううっ!私のアホッ!

健足の左足は、履いてきた靴のインソールを入れれば何とかなるけど、左は・・・。
せっかく持ってきたのに普通の靴と装具で走るのはなぁ・・・(ノ´o`)
う~ん!う~ん!・・・。。え~い!!!

強引に足底板と低反発インソールを右の靴に突っ込んで履いてみた。
ちょっと厚みがあるので窮屈な感じはするけど・・・なんか行けそう
都度都度足の状況を確認しながら行けば、何とかなりそう・・・かも。
コロンブスの卵ですが、足底板があるので歩行も楽、これは素敵な発見
足底板と低反発インソール

と言うことで何とかクリッカーシューズを履いて出発できました。
ホテルの目の前がバス乗り場、楽で良いです。

が、しか~し!
かなりの強風、風速6~7mは軽くある、、ガーン(@_@)、マジですか・・・。
こんなの向かい風だったら進まないよ(ノ´o`)単なる修行。

でも自転車予約してるし、とりあえずウトロに行かねば、で
8:10発の斜里バスに乗ってウトロに向かいます。
約1時間とありますが、朝で空いているせいか、40分位で到着しました。

車窓から見えるオホーツク海、とても美しかったです。
斜里バスの中から見えるオホーツク海、綺麗~♪

バスターミナルからレンタサイクルの場所まで歩いて行く途中、川面で羽繕いしているウミネコが沢山いました。
漁港が近くてエサがいいのか(笑)、毛づやも良くとても丸々してました。
まるまるとしたウミネコ@ウトロ

今日自転車を借りるのは、「知床サイクリングサポート」さん。
バス乗り場から5分位歩いた所にあります。
これは返すときに撮った写真ですが、こんな感じです。
知床サイクリングサポートさん

予約時間の5分前位に到着しましたが、誰も居る気配が無い。
ツアーで出ているときは不在なので、携帯電話に電話するよう張り紙がしてあります。
一応9:30過ぎまで待ってましたが、戻ってくる気配がないので、電話をすると奥様らしき人が車で来てくれました。
中にはスペシャの自転車が沢山ありました~。
そうこうしているうちに、知床峠ダウンヒルツアーから、お客さんとご主人が戻ってきて、準備をして貰って出発!
自転車は事前に知らせていた身長を基準に先方が準備してくれていました。

レンタサイクル代6000円と、「知床斜里レンタサイクル」での乗り捨て料金500円を払いました。
ちなみにヘルメットレンタル込みですが、私達は自分のを持ってきていたので借りませんでした。
また頑丈なチェーンも付いてます(サドルバックに入ってる)。
またチューブ交換出来る人であれば、携帯ポンプと予備チューブ、タイヤレバー等を貸してくれますので、
私達は借りていきました。

近くのコンビニで行動食を調達です。
何の気なしにSPDペダルを填めて、赤信号で外そうとして、いつもの調子で外れなくて焦りました(笑)。
クリッカーはSPDペダルの半分くらいの力で外せる上に、私はかなり弱く調整しているので、
このままではやばい!コンビニで、レンチで最弱に調整して付け外ししてみて、
大丈夫そうだな、で改めて出発しました。(^ω^;)

知床斜里はめちゃめちゃ強風だったけど、30km程離れたウトロは、
知床連山があるせいか殆ど風はありませんでした。
良かった~^^;;;
あとはウトロから知床斜里まで自転車で帰れるか、追い風なら楽勝だけど向かい風だと・・・この強風では脚が売り切れてしまう。
う~ん、、迷う。とりあえず、流れで考えるか!

さて出発!
最初は平坦で海岸沿いを走ります。いや~お天気も良いしオホーツク海は綺麗、暑いけど爽快です。

お嬢様の借りたバイクは、Specialized Dolce sport compact 2013モデル
お嬢様の借りたバイクは、Specialized Dolce sport compact 2013モデル

しかし平坦なのは2km程で終了、すぐにプチ峠越えがあります。。。
あ~アレを超えるのかぁ~、しかもこの後また一旦降りきって、更に高い峠を越えるんだよなぁ~(ノ´o`)
大した登りじゃ無いんだろうけど、貧脚には辛いです。
いきなり登りでプチ峠越え・・・(^ω^;)

オホーツク海とヘタレ、私が借りたのはSpacialized Dolce sport compact 2010モデル斜度的にはそんなに急では無く、5~6%と言うところでしょうか。
でもまぁすぐにインナーロー修行なのですが・・・(^ω^;)

途中で休憩がてら記念写真。
私が借りたのは、Spacialized Dolce sport compact 2010モデル
ブレーキ、STI等はSORA、リアディレイラーだけTIAGRAです。
VITAさんと同じぐらいのギアかなぁ~?なんて思ってたけど、後で調べてみたところこのモデルはスプロケは12-25だったみたい。
お嬢様のモデルは11-30、おいっ!貧脚な私がローギア2枚も少ないって致命傷(笑)・・・。
6年前はこれでもコンパクトなんですかねぇ^^;、まぁクランクがコンパクトって意味だしね・・・。


同じ9速でも11-30Tと比べると、ローギアが2枚少ないです~
赤字は私が大体普段使ってるギアの意味です。^^;
まぁ普段は大体インナーに入れていて、12、14辺りで平地を走っています。
2枚もローギアが少ない!

最初の登りは3km位、大した距離じゃないけどとにかく暑い!加えて登ってるから更に倍増。
日陰も無いし、下り側が日陰でこっちは全然ない^^;
ここの峠は右手に行くと知床峠に行くことが出来ます。またこれは来年のお楽しみということで?
そのまま直進、知床五湖に向かいます。
やっとこプチ峠を越えて、楽な下り・・・のハズですが、またこれがSTIレバーに慣れてないのと、
マジでブレーキの効きが悪い!(SORAなので)
しかも普段油圧ディスクブレーキなので、とても大変でした
下りだと怖いので下ハン握れないし、、と言うことで、私が借りたモデルは補助ブレーキが付いてたので、
ついそっちを使って降りてしまいました(笑)。
お嬢様のモデルは付いてなかったので大変だったみたい。
補助ブレーキ使って思い切り握っても効きが悪く、ずるずる降りていく感じでした。
普通なら下りは40km位で爽快に降りるのに、怖くて25km(笑)。つまんねー

その後また250m程の峠を目指して登ります。
こっちの登りも特に急な所は無く平均して5~6%、ひたすらインナーロー修行です。
暑いのと気持ちが切れるので、あちこち停まって休憩してました(笑)。
標高160m程の峠を越えて、また0m近くまで下り、更に250m程登ります、日陰が無く暑い!

出発から1時間くらいで、10km程走ってきました。知床五湖まであと3km!
知床五湖の先には、16年前砂利道をフェリオ君の腹を擦りながら半泣きで行ったカムイワッカの滝です、懐かしい。
中に水着を着て、わらじを借りて、沢を登って天然温泉にドボン!と浸かりました。
(今はわらじは貸してないらしい、知床サイクリングサポートさんによると)
知床五湖まであと3km・・・

景色は素晴らしいがとにかく暑い・・・。お嬢様も慣れないロードで頑張って登っております。
景色は綺麗だけど暑い~

途中、荷物を沢山積んで元気に登っていく学生さん達が居ました。
荷物積んでるのに速い~~~!若いって良いですね。(^ω^;)
学生さん達が沢山の荷物を積んで、結構なスピードで登っていきました。若いっていいねぇ^^;

余りの暑さに右側に移動して日陰で休憩。日陰は涼しくて快適でした。
(右側通行はしてないです・・・休憩のみ)
そこで知床五湖方面からテクテク一人歩いてくる。若い男の子、体操の白井君みたいな感じの人。
「コンニチハ~!」とこちらにも挨拶してくれる。
何で歩いてるんだ??と思って居たら、おもむろに停まって、車が向かってくる方向に向かって、手を上げて親指を立ててました。

あ~ヒッチハイクで来たのかぁ~(^ω^;)凄いなぁ・・・。
誰も停まってくれる気配無かったけど、彼は無事乗れたのでしょうか・・・
まぁ歩いてもウトロの街まで13km、健足なら全然帰れる距離ですけども
余りに暑いので、右側に移動して日陰で一休み。

あと500メートルぅ~・・・なのに気力が・・・^^;
お嬢様は淡々と登って行ってました。私は休憩がてら停まって写真撮って・・・でした(笑)。
知床五湖まであと500m、、なのに長いよぉ~^^;

ヘロヘロ登っていくと、駐車場待ちの車が並んでいました。
誘導のおじさんが、もうすぐだよ、頑張って~と言ってくれたのが嬉しかったです。
車のあいだを縫うようにして駐車場入り口に行くと、料金所のおじさんが近づいてきたので、
”ん?自転車はいくら?”と思っていたら「自転車はタダだから、奥に置いてね~^^」でした。

知床五湖に到着!暑い中頑張りました(笑)。
さっきの自転車旅行軍団も居るし、殆どロードバイクですが、結構自転車置いてありました。
やっと到着@知床五湖

知床五湖フィールドハウス。
16年前に来たことあるんだけど、こんなの無かったよなぁ?もう記憶ナッシー
五湖以外写真に撮ってないから、こういう施設は世界遺産になってから出来たんでしょうね。

知床五湖フィールドハウス

暑さでヘロヘロ、とりあえずフィールドハウスの中に入って休憩です。
凄い人でしたが、なんとか座るところを見つけてお昼を食べました。
お嬢様は鹿肉カレー頼んでいましたが、私は食欲無いので(いつものこと・・・)、おにぎり1個買って、麦茶がぶ飲みでした。

ひとしきり落ち着いてから、無料の高架木道散策に出かけることにしました。
お嬢様は初めてとのことで、五湖回ってきていいよ、って伝えましたが、一湖の高架木道散策で良いとのこと。

とりあえず記念写真。自力で登ってきたので、車で来たときより感激もひとしおでした。^^
知床五湖は、自転車で登ってきたので感激ひとしお

素晴らしい景色で散策満喫!・・・でしたが、相変わらず長いので次に続きます。。(^ω^;)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。