FC2ブログ

山スキークラブ自転車部 なんちゃって合宿 in 伊豆半島@1日目(修善寺~西伊豆スカイライン)

ホテルで朝食取った後に修善寺に出発。修善寺駅前は車を停める場所がないので、
スタートは狩野ドームに決めました。
しかし意外と沼津から狩野ドームまでは遠く(25km程、ほぼ下道)、途中でコンビニに寄って狩野ドームについたら10時半過ぎ。

前泊してるのに^^;・・・

イマイチ狩野ドームの駐車場がどこか分からず、結局国道136号(下田街道)から左折して入った道の左側にある砂利駐車場が第一駐車場のようでした(第2とかは右側ですが、閉鎖されていた)。
駐車場の向こうは幼稚園があります(完全に備忘録^^;)。

そんなこんなで自転車セッティングしてお嬢様と一緒にスタートしたのは11時。遅!(笑)
下田街道は車が多いので、狩野川右岸の県道349号を走ります。
こんな感じで牧歌的、良いなぁ~お天気も良いし気分最高です
ただし修善寺からの登りが・・・気になりますが
狩野ドームから狩野川右岸の道路を走ります。この辺はのんびりしてて良かった。

ここまでお嬢様と私の二人。
実は東海組は事故渋滞に巻き込まれ、10時に狩野ドーム、という約束に間に合わなそうなので
先に出発しておいて欲しいと連絡がありました。ま、私らも遅れていますが。^^;
どうせ坂道で追いつかれるはずなので(笑)、先行している方が気分が楽。
そのまま県道を走って、県道12号へぶつかったところで左折、そのまま下田街道にちょっとだけ入ります。
これがまた観光目的の車で激混み、車の間を縫うようにして走ります。ちょっと怖い~
もう少し手前で左折した方が良かったかも・・・。
それも2km程走って県道18号に入ると、交通量も減ります。ここをまっすぐ行くと修善寺温泉街、
右手に曲がると比較的大きな道路の修善寺虹の郷へのルート。
看板は右折の修善寺虹の郷ルートに「西伊豆スカイライン」と書いてあります。
ここで右折すると、傾斜がきつく大変な目に遭うらしいので(笑)、
そのまままっすぐ修善寺温泉へ向かいます。

修善寺温泉街の中心地?に到着。
赤い橋が印象的ですが、火の用心が目立ちすぎ(笑)。
修善寺温泉街。沢山の観光客が来ていました。

右手には修善寺、時間があれば寄りたいところですが、ここは時間が無いのでチラ見のみ。
(まぁ更に余裕があれば、日本競輪学校やサイクルスポーツセンターとか行ってみたかったけど(笑))
ここには2人のローディが観光してました。後で抜かれて、、また抜き返して、
その後は達磨山レストハウスまで追いつかれなかったので、どうしていたのか分からない(笑)。
修善寺。初めて来ました。時間がないのでチラ見のみ^^;

修善寺温泉街を抜けていくと、道が更に細くなり、確かにここを車には通って欲しくないのはよく分かりました。
更に進むとまた分岐。右に行くと、先程の虹の郷ルート、そしてそのまま戸田峠、戸田港へ行けますと書いてある。
逆に右側の県道18号は
「大型車通行止不能」
なんだか日本語が変ですが(笑)、道路の道幅も狭く、ぐねぐねと描かれ、
どうしても行ってくれるな!という気持ちが見て取れました(笑)。
この18号をのんびり登っていきます。
温泉街を抜けていくと、県道18号と修善寺道路の分岐。絶対に県道に車で入るな、的な意思が感じられる^^;

走りを進めていくと、左手は段々畑(というか棚田?)、右手に民家という形で、
地元の人以外は車も人も通らない感じです。交通量がホントに少ないので自転車で登るにはイイ所ですね。
この辺は登りも緩やか、景色を眺めながらのんびり走れます。
この辺はのんびり、ゆったりした登り坂で牧歌的な景色を見ながら走れました。

のんびり記念撮影@変態マスクマン
のんびり記念写真

途中川(北又川)が流れている箇所にも隣接して、癒やしの雰囲気もありました。
川も流れていて癒やしの雰囲気。

そしてとうとう民家も無くなり、道も更に細くなってきて、傾斜もだんだんきつくなってきます。
でもまだ大丈夫^^;
確かにこの道は大型車は厳しいですね、脱輪しそう^^;
少しずつ道幅が狭くなってきます。確かに大型車は厳しい^^;(一方通行ではない)。

その後はこの分岐に突き当たり、ここを右に登っていきます。
(走るのに一所懸命で写真は撮ってないのでGoogleストリートビューより^^;)
ここで追い抜かれたローディ2人組が休憩していたので抜いたのですが、、一向に来なかった。
結局レストハウスまで抜かれなかったので・・・引き返したの(¨?)??
その後の九十九折りはこんな感じですが、私達が走ったときは落ち葉がかなり落ちていて、
葉っぱで埋もれてるところもありました。
県道18号から、ヘアピンカーブを抜けて、虹の郷ルートへの合流へ向かう道

九十九折りを上りきると、虹の郷ルートと合流です。ここまでは問題無く登って来れましたが、
問題はここから!(*´Д`)=з
ここからは10%前後の坂が続くらしいので、登れるか不安。
落葉で一杯の九十九折りの道を上りきると、修善寺道路との合流点に到着。ここまではまぁ何とか特に問題無く来れた。

案の定ここからはお嬢様について行けず(軽量化してもこの程度のヘタレ貧脚)、
お嬢様が遠くなって行きました(笑)。
傾斜が10%近くもありヘロヘロ、インナーロー修行が始まります。

綺麗な景色なんだけど・・・登るのに必死(・・・だけど写真撮ってる私(笑))。
お嬢様が遠くに見えます。
観光道路のためか、お天気の三連休にしては意外と車の量は少なく、バイクの集団がたまに通る程度。
道路も綺麗だし、傾斜は別として走りやすい道でした。
合流してから達磨山レストハウスまで、少し傾斜がきつくなると、お嬢様について行けません・・・

インナーロー修行で既にヘロヘロの変態マスクマン。
まだまだ登りが続くのでここでへたれていてはいけません(笑)。
既にヘロヘロのヘタレ

合流地点から3km程登ると、あ!達磨山レストハウス!!!
・・・かと思ったら、達磨山キャンプ場の駐車場でした。がっくりorz。
レストハウスか!?と思ったら、達磨山キャンプ場^^;

しかしそこからすぐ200m程で、達磨山レストハウスに到着。
は~やっと着いた。とりあえず休憩出来る!
時計を見ると、13時過ぎ。狩野ドームから大体2時間経過しています。
とりあえず、師匠とプロ改め部長には追い抜かれなかった。^^;
でも200mで、達磨山レストハウス到着

達磨山レストハウスはとても見晴らしが良く、富士山、駿河湾が綺麗に見えました。
お天気に恵まれて素晴らしい景色を望むことが出来て、ラッキーでした
せっかくなのでVITAさんと記念写真。
富士山と眼下の駿河湾をバックに記念写真

展望台も有り、観光客で賑わっていました。駐車場はそんなに広くなく、車は満車でした。
達磨山レストハウス 展望台もあります。


写真撮っていたら、遅れて部長と師匠が到着。
ここ以降は街中に降りるまで補給箇所が無いため、ここで軽く食事を取りました。
多分自販機も無いはず。
富士山カレーが有名みたいですが、朝ホテルで出たカレーをたべたせいもあって、さすがに・・・。
がっつりは食べれなそうだけど、食べないと走れないから、で蕎麦にしました。
webサイト見たら、焼きおにぎりもあったみたいですが、その時はちょっと分かりませんでした。

しかし師匠はかわいらしく、スイーツです(笑)。
プチ・スウィーツ・アラカルト @500円
達磨山レストハウスで、師匠はスイーツ(笑)。

まったり1時間くらい過ごしていましたが、はっ!まだまだ戸田峠や達磨山へは道のり長い!
ここの標高は600m程。まだ300mは登らないといけない(*´Д`)=з

レストハウスからは更に傾斜が急な箇所が多くなり、バイクと併走・・・も私にはきつい登り。
変態マスクマンなので、ゼーハー具合は見れないので良いのですが、中はかなりの変顔で登ってます(笑)。
レストハウスから戸田峠までかなりの傾斜できつかった。

なんとか頑張って付いて行くも、もう足も売り切れ状態で、徐々に置いて行かれます。
遠くなる部長とお嬢様の姿。ヘタレのお守りは師匠です。^^;
いつもすみません。。^^;
途中からやっぱりついて行けないヘタレ

戸田峠を左折して西伊豆スカイラインの醍醐味・・・の箇所に突入ですが、
走るのに一所懸命であんまり記憶ナッシー
途中達磨山をバックに記念写真。でもまだ登るんだよねぇ~^^;
この写真の真ん中右から左上に伸びる道が、これから更に上る道。ひえー(*´Д`)=з
達磨山をバックに記念写真、でもまだかなりの傾斜を登るのでうんざり^^;

もう少し進んだところに達磨山への登山道(・・かなりプチ登山道ですが)があり、
多少車が停められる箇所がありました。そこで3人をパチリ。
達磨山をバックに記念写真

私も富士山バックに記念写真。
マスク取って写真撮れば良かったな~とちょっと後から後悔。マスクマン写真しか無いのです。
富士山バックに変態マスクマンで記念写真

右手下には戸田港と戸田の町が見えます。
しかし標高800~900m程度なのに、森林限界のような景色。
よほど風がきつい地域なのでしょう。でも今日は快晴・無風、良かった~♪
願わくばもう少し早い時間なら、もっとスッキリした景色だったかも・・・でも前泊してのんびりしてる私が悪いだけ(苦笑)。
戸田(へだ)港かな~

しかしここからの登りは、もう修行、止まり・走り・止まり・走り(私だけね(笑))、
気力が萎えてきて中々登れませんでした。
ここはきつかった・・・

達磨山から少し下り更に登り返してやっと今回の登りは終了~。
はるばる(登って)来たぜ~頑張りました(笑)。
登ってきた道を振り返ります。
少し雲が多くなってしまったけど、素晴らしい眺めです。

この時点で15時。狩野ドームから約32,3km、休憩込みで4時間くらい、実質は3時間くらいでした。
(この3時間も実際は止まったり写真撮ったりしてるので、サイコンの時間から推察するに実際の走行時間は2時間半くらいかと)
そこからは、ひたすら下りの10km、50km近く出て怖い所も^^;かなりブレーキ使いまくりでした。
県道411号線と、国道136号線の分岐で記念写真撮ったくらいでした。
この道は国道136号線です。私達は時間も無いので当初の予定通り、国道136号へ降りました。
40分位で狩野ドーム到着、早~~~
下りはあっという間、40分程度で狩野ドームへ

初日の宿は堂ヶ島。全然方向違うので、狩野ドームから車で走ること小一時間で堂ヶ島に到着。
堂ヶ島までは部長がエア君を運転してくれて、楽でした(笑)。
師匠は行きも帰りも道中も全て運転してます・・・^^;

堂ヶ島温泉 ホテルシーサイド堂ヶ島


舟盛りが付いてくるようで、とても美味しかったです。
イカ焼きも腸が入っていて美味しい~♡
しかし量が多すぎて・・・全然食べれなかったです・・・(^ω^;)
お部屋は普通です(笑)。
堂ヶ島のシーサイド堂ヶ島に宿泊。舟盛りは美味しかった!美味しいけど多すぎて食べきれない・・・

とりあえず、何とか走れた西伊豆スカイライン、お天気良くてホント良かった。
ひたすら20kmの登りが大丈夫か不安でしたが、何とかなりました。^^;;
標高差は900m弱。日帰り登山でもそこそこの標高差だわ(笑)。

実装ルートはコレですが、狩野ドームから達磨山レストハウスまで20km位撮り忘れ(*´Д`)=з
実際は取ってるつもりで自分で作ったルートを山旅ロガーで見つつ走ってたけど、
実際のログを取るのを忘れてたらしい。^^;


なので、本当に走った距離、ルートとしては、こちらです。


明日は・・・堂ヶ島はスキップして下田へGO
そこから、南伊豆を駆け巡るルートとなります。
ここは高さは無いけどアップダウンばっかり、大丈夫かぃな^^;

今日の走行記録
走行時間:2:58:48
走行距離:42.29km
平均速度:14.1km/h
最高速度:45.9km

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。