FC2ブログ

山スキークラブ自転車部 なんちゃって合宿 in 長野@2日目(野辺山~小淵沢サイクリング)

初日は宿泊地内の居酒屋で食事を取ったものの、
皆早起き・運転・自転車で疲れ切って23時には就寝。

2日目も起きるととても良いお天気。良かった~☆
風が無いか気になりますが、昨日ほどは風は強くないように思えました。

今日からプロも合流と言うことで、プロは輪行で中央線経由で野辺山に来る事になっています。
10:30に野辺山駅集合、ということにして、私達もホテルを出て駅に向かいます。
しかし・・・野辺山って本当に何も無い所だなぁと言うのが感想。
Aコープしか見つけられなかったけど・・・皆ここで買い物してるのかなぁ・・・(+自給自足)。

そんな牧歌的な風景の中、でっかいキャベツトラックが行き来していていました。

唯一観光地的な所を見つけたのですが、これがここ。
お花が綺麗だったので、車を停めて暫し写真を撮ったりしていました。
シャトレーゼリゾートから野辺山駅に向かう途中に素敵なお花畑がありました。

ネットを検索してみたら、恐らくここだと思われます。
花野辺ガーデンビレッジ

そっか、別荘地なのね・・・。
別荘地というよりは、”農と花に囲まれた・・・”とサイトにもありますが、
かなり農よりな所でした。


ホテルより5分位で野辺山駅に到着。
地味ですが可愛い駅で、青空に良く映えていました。
JRで最高地点にある駅、長野県野辺山駅

一応JRで最高地点にある駅と言うことで、記念写真。
一応最高地点の駅で記念写真

後は輪行でやってくるプロを出待ちです。
駅の改札は超こぢんまりしていますが、suicaはしっかり使える最新仕様です(笑)。
そうこうしている内に小海線がやってきました。
輪行で来るプロを出待ち。野辺山駅の改札です。

輪行バッグを持ったプロ登場。
仕事忙しいのに、なんとか仕事を調整して休みを取ってきてくれて、どうもありがとうございました。
てきぱきと自転車を組み立て準備完了!
朝一の中央線に乗って、輪行袋を背負ってきてくれたプロ

今回のコースを考える際に、こちらの本を参考にしました。
しかし、関東や近畿などは”自転車散歩”シリーズがあるのに、甲信越は・・・ない。。これしかない。
まぁ地形的に散歩するコースが少ないと言うのがあるのかもしれません・・・
というか山岳コースが豊富だからかな?^^;
こんなの貧脚じゃ走れないよ~!なコースばかり。
そんな中で、とりあえず、野辺山からアップダウンはあるけど下り基調の
八ヶ岳高原ライン(八ヶ岳の裾野)を走って、道の駅こぶちざわで折り返し、
野辺山までの登りについては比較的なだらかな”泉ライン”を走ることにしました。
なだらかって言っても、結局同じ標高までは上り返すんだけど・・^^;



で、作ったコースはこれ。
一応貧脚仕様とはしましたが、
とは言っても、かなりの勾配と、
かなりの標高差(私にしては)。
自分でルート作ったのに、超不安です。
なだらかと言っても上り平均勾配4.1%だから、
貧脚には辛いはず(^ω^;)大丈夫かなぁ。
しかも平均は当てにならない!!
アップダウンもあるから標高差の倍くらいの
獲得標高もあるし・・・。




10:40頃からスタート。暫し農道をすこ~し上り基調で走って行くと、今度はJR(の線路)で最も標高が高い地点に到着。
JR最高地点の線路?に来てまたもや記念写真^^;

駅より30m標高が高いようですね。記念写真を撮っている方々結構居ました。
JRの線路の最高地点で自転車も記念写真

そこからは八ヶ岳の裾野を走ります。最初の10km程は、細かいアップダウンを繰り返しつつ上り基調、1500m近くまで登ります。
下りに転じたところで、山梨県立まきば公園に到着。無数の放牧された牛たちが見られます。
牛乳!!!も、売り切れ。。SWのせいかかなりの人出で駐車場待ちで一杯でした。
私達はその中を縫うように自転車でスルスル~と入れました。
と言うことで牛乳はお預け、ソフトクリームを食べました。

野辺山駅では快晴だったのですが、ちょっと雲が多くなってきて残念。
到着後しばらくは暑かったけど、すぐに冷えて寒い・・・{{{{(*_*)}}}}
まきば公園内は相当広い箇所で牛が放牧されていました。ちょっと思ったより雲が多く寒いくらいでした。

まきば公園でソフトクリームを食べるいい歳した大人達^^;
ここは山梨県で~す!
まきば公園でソフトクリームを食べるいい歳した大人達

場内はお土産屋さんも有り、外でも物産品が売ってました。
なんだか中南米なハットがあったので、プロが被ると、似合いすぎ!!!
(ちなみにサングラスは自前のです(笑))
「もう中南米の人にしか見えない!!」と大爆笑していたら、これらを売ってた方がホントに中南米の方でした・・・。
売り物で遊んでごめんなさい。。お店の人も苦笑い。
八ヶ岳の麓、山梨県まきば公園で売っていた帽子があまりにもプロに似合いすぎて、中南米の人そのものでした。

その後は多少上り返しはありつつも、ひたすらダウンヒルで爽快なんだけど、
連休で車が多いのと、時速50km位出てちょっと怖いくらいでした。
でもディスクブレーキなので安心感があり、かなり助かりました。
しかし、え~こんな降りるの、、上り返せるんだろうか、ガーン
・・・な気持ちがかなり心を占めてました^^;

約500m下ったところでお昼です。道の駅こぶちざわ
ここも人・人・人。車・車・車。ここでのんびりお昼を食べて、また出発です。
また足湯には浸かりません^^;そば打ち体験出来るところもありました。
「道の駅こぶちざわ」にて遅いお昼

ここまで25km大体折り返しです。更に標高950m程まで下り、ここから20km強は上り。
不安だ~・・・
とは言え割とゆるめの登り坂、途中で武田信玄の三分一湧水を見学してみました。
(私は初めて知りました・・・歴史、特に日本史は苦手です、高校では取ってないし。)

三分一湧水の源泉。
武田信玄の知恵が光る”三分一湧水”・・・らしい(初めて知る)

源泉からここで真ん中の△の石で三つの村へ均等に水を流し込んでいるという優れもの。
六つの村だったら、六角形??でできるのかな?(^ω^;)アホ?
真ん中の△の石で三つの村へ均等に水を流し込んでいる。

そして泉ラインへ向かいます。
泉ラインへ向かう途中。

なんと、泉ラインはここから通行止め!!(落石により)その”泉ライン”をずんずん走って行くと・・・むむっ!!!
通行止めぇ~!!??(゚д゚)
まさに想定外・・・トホホ(*´Д`)=з
マイナスイオン一杯(・・・と本に書いてあった)の若干緩めの坂(と言う)泉ラインを走れないなんて~~~~・・・。
(まぁ実際は多少走っているので後半が走れなかったという形。
確かに森林の中を走りましたが、、でもしんどくてあんまり深呼吸できず(笑)。)

が~ん・・・ショックで暫し呆然。
とりあえず南下して戻る道を走らないといけない・・・。
甲斐大泉まで戻って南下して県道28号に出ました。
う~ん、コレを登っていくより仕方ないのか・・・。

実はこの県道、昨日諏訪から野辺山に来る途中に、車で通過した道。
お嬢様と二人で
「こんな(勾配)とこ自転車で登れないよねぇ~!
と談笑しつつ通過した道・・・。

その時点でかなりのテンションダウン、というか不安が倍増。
でも頑張って登らねば、宿に着かない!!暫し登っていくと、今度は勾配9%の看板が目に入り、
車はびゅんびゅん、歩道は無いし(左側に)、更にテンションダウン

でも頑張って登らないと・・で、時速5kmのインナーローでちんたら登っていたら、右足がズルッ!
ん?足がすっぽ抜けた?
右足は装具+ビーサンなので、感覚としてはスキーブーツを履いてペダルを踏んでるのと同じ感覚です。
なので、普段走ってる時も、時折右足がペダルからすっぽ抜けるので、またそれか、と思ったら・・・。

line_kao1.gifん?

- ←ペダル

line_kao2.gifえ・・・?!

line_kao3.gifペダルがモゲた~!!!!!

何とペダルが、、もげた!
ペダルのになっていた。
ちょっと後方の県道にモゲたペダル()が落ちていた。
抜けたというより、まさにモゲた・・・。

もう大パニック、、車はびゅんびゅん。
とりあえず右側の歩道に渡ろう、、も登坂車線含めて上り下り合計3車線もあり、
清里へ向かう車でかなりの交通量、加えて上りなので車もかなり加速してます。
しかも足が悪いから走れない、何とか頑張って隙を突いて右側の歩道へ自転車持って渡りました。

フラペのイメージプロは何かあったときのために予備ペダルを持ってきてくれていたのですが、基本的にペダル交換はごと交換するもので、大学の自転車部時代も含めて、それが壊れたをの見たのは初めてだと言ってました。
要するに不良品(ロット不良?・・)と言うことみたい・・・。
残った|を外そうとしてくれましたが、規定値で締めているはずなのでかなり堅く、携帯用のレンチでは外せませんでした。
画像はフラットペダルのイメージですが、コレで言うと、銀色の棒を残して黒いペダルだけが抜けたという感じ。
普通はこのセットでペダルを交換します。

棒が残ってるので、乗れなくは無いけど、かなり足裏感覚を研ぎ澄まして滑らないように乗らないと漕げませんでした。
しかも右足は足裏感覚無いし・・・。
しかも9%の上り、無理・・・(*_*)
ショックで正直残りの10kmの上りをどうして良いのか分からなくなっていました。

そこでプロが私の自転車に乗ってくれて(さすが器用・・)、プロのMTBはお嬢様(私にはちょっと大きくて腕が伸びきってダメでした)、お嬢様のクロスを私が乗ると言うことで、何とか清里~野辺山まで帰り着くことが出来ました。

ちなみに私の自転車はペダルまで着いた完成車だったので、販売店では取り付けしていません。
単純にロット不良なんだろうなぁ、、しかしコレでバランス崩して右に転けてたら車に轢かれて死んでたよ・・・
スペシャもフレームのメーカーで、ペダルはどこかのメーカーのを取り付けてるだけで、
スペシャに直接の非ははないかもしれないけど、
完成品を売っている以上、勘弁して欲しいなぁ・・^^;;;
ちなみに昨秋購入してから1000kmも走ってないよ、保管は室内だし、雨の日に乗ったことも無い。
ま、笑い話ですんで良かったですが・・・。(^ω^;)

実際の場所のストリートビュー、ここの待避所を過ぎて100m程進んだところで事件発生^^;
写真で見るとあんまり勾配を感じませんが、貧脚には辛かった。
ここで車はビュンビュンだし、右側には歩道も無いので恐怖心が倍増。
右側に歩道があるので、ここを走った方が良いと思います。
歩道を走ると、県道から右側に分岐して走れる道がありました。
県道28号の9%の上り

しかし明日どうしよう~、、私は残って3人で走ってきて貰おうかなぁ~・・・。
へこたれていたら、プロは私のに乗るから、今日の組み合わせで走れば良いじゃん^^、と言ってくれました。
お嬢様もちょっと特殊なプロのMTBで申し訳無いのですが、イイよ^^って事で、お言葉に甘えて3日目も走ることにしました。
ホントイイお友達に恵まれて良かったです・・・。

今日の走行記録
走行時間:3:24:28
走行距離:49.96km
平均速度:14.6km/h
最高速度:51.6km/h

結局実際走ったコースはこんな感じ。
甲斐大泉からちょっと進んだ所が通行止めの箇所。
ネットで検索してみたところ3月から通行止めみたい・・。もう復旧しないんじゃ・・・。
予定より上りの勾配がきつかったよ~2%近くもアップして6%弱でした。
獲得標高も1,000m超え。(*´Д`)=з何とか登れたけど。。
平均って言っても、道中10%近い所もあるし、ホントあてには出来ない・・・^^;;
明日はもっと楽なコースにしたいなぁ・・・。でも3日目は実はノープラン(笑)。夜考えよう!

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。