FC2ブログ

高原サイクリング前の足馴らし?那須高原ポタリング

翌週のシルバーウィークに山スキー友達と長野方面へ高原サイクリングの予定を立てていたので、
坂道の練習がてら(?)那須高原へ行ってきました。

その週は「関東・東北豪雨」で特に茨城・栃木は大災害。
迷ったのですが、那須町は特に問題なさそうだったので出かけてきました。
(同じ那須でも那須塩原は被害があったようで・・・地元のタクシーの方によると)

那須町は地域密着のプロロードレースチーム「那須ブラーゼン」があるのと、
偶然ちょっと前に再放送で見たNHK「ライド・ライド・ライド」というドラマで
美しい那須高原を走ってみたい!と言うのも有り、勝手に那須岳の景色とか妄想してました。
RIDERIDERIDE.jpg

ちなみに登山では13年前に那須連山に登った事はあります。^^;

さすがに豪雨の影響で・・・雨こそ止んで走れるレベルですが、すかっとしたお天気は望めないかも
でもまぁ今回は来週の練習も兼ねてるので(笑)、とりあえず行ってみました。

那須ブラーゼンベースにも寄ってみました。
でも中に入る勇気は無く、車の中で眺めただけ(笑)。
ココではレンタサイクルもあり、ロードもクロスも借りられます。
自転車持ってこなくてもココで借りられるし便利です。
買う前にどんな感じがお試しに乗れる、というのも良いかもです。

走るコースは那須ロングライドの50kmコース。
50kmコースは小学生でも走れるらしいけど、貧脚ライダーとしては
走りきれるか分からないので、一応目安程度に走りました。


スタートも同じく「那須町文化センター」ゆるゆるとした登り坂をひたすら登ります。
貧脚でもまぁ、ゼーハーとはならずに何とか登り続けられる感じ。
あんまり車も通らないし、頭を垂れる稲穂や、彼岸花を眺めつつ、時折香ばしい臭いもかぎつつ(牛)、のんびり走る。
最初はこんな農道が続きます。
彼岸花も沢山咲いてました。

このコースは道路も全般的に綺麗だし、走りやすい。
しかも土曜日なのに車少ない~。
ここは折り返しの近くですが、緑が濃く、深呼吸しながら走りました。
折り返し手前付近、道路も綺麗だし車も殆ど走っていませんでした。

そしてまた少し登るとやっと折り返し。
写真で見ると緩く見えるんだけど(実際3,4%だとは思う)、貧脚には堪える上り。
ココを登り切ると折り返し地点

ひたすら上りが続くのは乗鞍高原での7km位が最高だったので、倍近くの13kmを登れるか不安でしたが
(傾斜は今回の方が緩い)、なんとかチンタラチンタラやっとこさ登り切れました。

本当ならここは那須岳がド~~~ン!と見えるのに、雲の中・・・(*_*)残念
折り返し地点。本当はココでどーんと那須岳が見えるのに、残念。

その後は若干のアップダウンはあれどひたすら下り。
下りがいい加減面倒になってきた頃、帰る前に温泉も入りたいので、
30km過ぎの地点でショートカットしてゴール。34km位でした。

後半下って走っている時に、那須ブラーゼンのワゴンが通過して、何故かハザードを2,3回チカチカしつつ走り去っていきました。
もしや挨拶してくれたのかなぁ~(^o^)?

那須は自転車の町、のイメージがあったのですが、豪雨の後だったせいなのか、
はたまた翌週のシルバーウィークに備えて外出を控えているのか分かりませんが、
すれ違ったのはローディ2名でした^^;
しかも上ってる途中ですれ違った(降りてきた)二人に、下り途中でおにぎり食べてたら、またすれ違い、
更に、帰りのPAでも・・・(ウェアが個性的だったのですぐ分かった)。
でも道の駅にもコンビニもサイクルラックが設置してあって、
とても助かりました。そういう意味でやはり町を挙げてサイクリストをサポートしてる感じがしました。
道の駅で話しかけられたタクシーのおじさんも「那須ブラーゼン」知ってたしね^^

下りの道中、那須テディベア・ミュージアムはバス停があるので、そこのベンチに座ってお昼を食べてました。
”スポーツフェスティバル”の催し物の最中で、カラフルな五輪カラーで彩られていました。
(中には入ってないけど(笑))
那須テディベア・ミュージアム

またもう少しお天気が良いときに走りに行ってみたいです

今日の走行記録
走行時間:1:59:42
走行距離:33.96km
平均速度:17.0km/h
最高速度:39.7km/h

普段の秋が瀬公園~榎本牧場往復と同じ位の距離ですが、アップダウンがある分、疲れました~^^;;

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。