FC2ブログ

暑い真夏は高原サイクリング@乗鞍高原

私の会社はお盆は一斉に休暇。
ただ休み後半はマシン入れ替えの関係でぶつ切れで出勤のため、
前半にどこか避暑・・・しつつ高原サイクリングを楽しめる場所を物色して、白羽の矢を立てたのが乗鞍高原。

上りが全然ダメなのでアップダウンが少なくてでも涼しい所はないのか?と検索していたら
こちらの方のブログを見つけて、その言葉を信じて行ってみることにしました。
普通のイメージだと乗鞍高原はヒルクライムもあるし、相当坂ばかりのイメージですが・・・。
なんとかなるかな?^^;;;

乗鞍高原カフェ&バー スプリングバンクの日記

この記事『乗鞍高原のサイクリングロード~。

首都高~中央道(260km)か、関越~上信越道~中央道(270km)か迷いましたが、渋滞が無い後者にする事にしました。
前者の方が10km程近いですが、時間距離は渋滞を考慮すると後者の方が短いと言うことで・・・。
あと、中央道はあんまり好きじゃ無い(笑)。

乗鞍高原と言えば、10年ぶり。ちょうど10年前の4月に山スキーで来て以来。
翌年の一発目の山スキーで事故にあったので、山スキーとしては人生最後(どう考えても(*_*))が、乗鞍だったわけです。^^;

中央道も松本IC降りてからが下道が40km程あってそれが結構面倒^^;
朝早く出たけど(とは言え7時)、乗鞍観光センターに着いたのはお昼過ぎ。半日終わってる。
東京よりは涼しいけど、想像よりかなり暑いな~・・。真夏だと標高1500m位だとお昼は結構暑いですね(笑)。

とりあえず、スプリングバンクさんのサイクリングロードを・・・と思いましたが、
スタートが意外と下だった。う~ん、どうしよう。

と言うことで、何を血迷ったか、とりあえず三本滝まで登ってみることにしました。
ダメなら引き返せば良いし・・・。
しかし私にはかなり大変でした。しかも若干風邪気味で声が出ないし咳が酷い^^;
(貧乏性なので熱が無いのを良いことにやって来ましたが・・・)

しかしいきなり後悔・・・もう足がパンパンだ~。。もうギアも1枚しか残ってない・・・。
一番軽いギアで回すように漕がないと乳酸溜まって漕げなくなると言われて、
なんとかインナーロー状態でひたすら修行。

時折止まって休憩しつつ少しずつコツがつかめてきたような?・・
でもゼーハーゼーハー息は上がりっぱなしです。

途中の橋でまたもや休憩。右側に乗鞍岳が見える。う~ん山スキーではあんな高いところ行ってたんだな~
(まぁスタートが三本滝レストハウスなので、この地点より300mは高い^^;)
山頂はあんなに遠くて高い!あそこまで登るんだからそりゃ大変ですワ。

道中はマイカー・バスで登ってくる方々、降りてくる方々を見つつ、ひたすら修行。
(実際は下向いてハーハーしてるからほぼ見てないけど(笑))
自分の漕げるペースで1,2、1,2と頭の中で数えながら走りました。
ペースは斜度がきついところだと5km/h位、ちょっとゆるいと9km/h位(笑)。

途中で乗鞍岳への登山道?それとも遊歩道かは不明ですが、下山してきた方々とすれ違いました。
せっかくなので、”乗鞍高原”と看板があるし、VITAさんを記念撮影。
”山岳”ですよ、”山岳”(笑)。
乗鞍岳の登山道の1つのようで、下山してきた方に会いました。
せっかくなので乗鞍高原の看板前で記念写真

今月末にヒルクライムレースがあるからでしょうか、練習がてらスイスイ登っていくローディを見送りつつ
何であんなに軽々登ってんだ~・・・
でもここまで来たら三本滝(レストハウス)までは行きたいので、根性で登る。
スタートから1時間ちょいで、5回程足つき・休憩しつつ、やっとレストハウスまで到着!!
ここは標高1800mくらい。普通のローディーなら30分以内で登れるところでしょう・・・^^;
ちなみに乗鞍のヒルクライムはここまではまだ1/3、ここから更に畳平まで14km、800mの高度を稼がないと行けない。
ひえー㍉。

乗鞍温泉スキー場の国設第3ペアリフト。10年前のGWにテント泊した場所(笑)。
乗鞍スキー場のリフト。10年前山スキーでココにテント泊したなぁと懐かしく思い出しました。

三本滝レストハウス。よくよく見ると、三本滝まで900mと書いてある、結構遠いじゃん^^;(挫折)。
三本滝レストハウス。10年前に山スキーで来た・・・。

せっかくなので一応記念撮影。変態マスクマン。
でも先日購入した”息苦しくないUVフェイスカバー”なので、バンダナグルグルよりは全然息も楽だし、
コレの優れたところは、口も開いているのでペットボトルも付けたまま飲める!
やや変ですが、それでも陽射しを気にせず走れるのでとても良いです。
先日の榎本牧場への道中も2人くらい同じのを付けてる人が居ました(うち1人は男性だった)。
三本滝レストハウス前で記念写真
最初は三本滝はもっと上かと思って、自転車で登っていって見たけど、どこまで行っても滝は無く、
地図見ると通り過ぎてるし、で一旦またレストハウスまで戻りました。

写真向かって左側の方から恐らく滝へは行けるみたいで、ちょっと行ってみましたが、
足の悪い私にはちょっと登山道的な道は厳しく、時間も時間なので諦めて戻りました。
(で、写真をよく見ると、900mも離れてた。昔はともかく今はあんな道を歩くのは無理なので・・・(T_T))

三本滝への道を歩いてみたときに撮った写真。
ここは木道ですが、少し歩くと至って普通の登山道的な道でした。
(勿論普通の運動靴で十分行けるとは思いますが)
ちなみに10年前に見た滝は、善五郎の滝でした^^;
三本滝を見に出かけたけど、途中退散(結構遠い事が分かった(笑))。

下りは50km/hにも達するか、でしたが、怖いのでかなりブレーキをかけつつ降りました。
結構な坂道を登ったんだなぁ~とか思いつつ、7kmの距離があっという間でした。
厚着してたので、下りでやっと高原の風を感じました(笑)。半袖の人は寒いかな。

でも標高差400m程を何とか登り切ったので、少し自信が付きました^^;;
心配だった足の裏も問題なさそうでした。
力任せに踏む訳じゃ無くてクルクル回すのが重要らしいので、実際は力要らないんだよね。
でもコンパクトクランクのインナーローでもギアが足りてないや~(笑)。
MTBのように前3枚じゃないとダメかもしれません^^;
でも、前3枚には出来ないし、ロードのように車体も軽くないし、引き足も使えないので、
あとは脚力付けるしか無いですね。
ま、とは言えフルカーボン+ディスクブレーキでも10.5kg、クロスとしては軽い方ですよね、
やっぱり脚力が圧倒的に不足・・・^^;


昼間暑かった乗鞍高原は朝夕はとても涼しく、湿気も無く涼しく快適でした

Comments 0

Leave a reply

About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。