FC2ブログ

真夏の陽射しでいつものコース

私の会社は夏期休暇はお盆固定。
前半はちょっと高原サイクリングに行ってきましたが、それ以外は特に予定無しでのんびりです。
と言う事で、1日くらいはちょっと走ろう、でも暑すぎる…(ノ´o`)

と言う事でいつもより早起きして秋が瀬公園を8時過ぎに出発(ん?遅い…(^ω^;))
ホントは7時くらいから走れたら良いかなと思うけど、起きれなかった。
秋ヶ瀬公園は開場が7時。なので、早くても7時過ぎからとなるわけですが…。
6月に走って以来2ヶ月ぶりです(笑)。

でもまだ8時だと、さすがに真昼よりは大分マシ。
暑いけど…もう田んぼは稲穂が少し色づいて、秋が近いことが感じられました。
今日は(というか夏は)南風なので、帰りが少しキツいのがあれですが、午前中ならそんなに風は強くならないはず。
快晴!でも暑いですぅ

開店待ち@エノボク9時前に榎本牧場に到着。開店は9:30ですので、ちょっと時間があるなぁ。。
と言う事で、ふれあいんぐロード沿いのベンチの木陰で暫し開店待ち(笑)。

でも後から来たローディが普通に入っていく、もしや開いているのかな…(^ω^;)?
でも一人だと開店待ちは手持ち無沙汰すぎるので、とりあえずここで20分位待ってました。


9:20頃に行って見ると普通にジェラート食べてる人が…。な~んだ^^;;、と言う事で無事ゲット。
お店の入り口には営業時間の看板がありましたが
「9:30ころ

ころ…でしたか(笑)

実はフローズンヨーグルトマンゴーを狙っていたのですが…

開店直後(まだ前だけど)だったせいか、全部のジェラートは揃っておらず、いつものブルーベリー。
勿論美味しいんだけど、マンゴー食べたかった(苦笑)。
店内は涼しいけど、やっぱり真夏なのですぐに溶ける、ダッシュでパクパク。
マンゴーは無かった(残念)

まだ9:30位だったので、ローディがちらほら、家族連れ等はまだ殆どいなくて静かな榎本牧場でした。
まだ朝だけど既に暑いので結構大きくなったミニブタくん達もぐったり寝てました。
ミニ豚(もう大きいけど)もバテ気味

お散歩で来ていた柴犬くんも、ゼーゼー
柴犬も暑そう^^;

牧場のロバも日陰でじっとしてました。動物くんも地上が近いし暑いよね~^^;
ロバも日陰に避難

帰りは向かい風、そして陽射しもキツくなってきて、やっぱり暑い~!
そう言えばサイクリングロードのゴルフ場を抜けたところ(川岸屋の手前)で、一人のサイクリストさんに声を掛けられて
「ホンダエアポートはこちらの方向で良いですか?」
と言う事で、まだちょっと距離があるかなぁ、でこのまま道なりに~とか説明したのですが、
地図見ながら説明した方が良かったかな。たどり着けたかちょっと心配です。

と言う事で10:30頃には秋が瀬公園に到着、いつもの出発時間です。
それでも大分帰りは暑かった~、あと1時間は早く出たいですね。でも…エノボクが開いてない(^ω^;)痛し痒し(笑)。

本日の走行記録
7月8月のサイクリングは避暑目的のヒルクライム(私にとっては、レベル)ばっかりだったので、平地は楽で良いですね~(笑)。
20180815走行時間 20180815走行ルート


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

コニーデ・トロイデ・アスピーテ 八幡平アスピーテライン一周 その1

さて、お嬢様との岩手プチ合宿メインの2日目。
この日は八幡平アスピーテラインを一周します。

昨日宿に着いたときに「明日は、八幡平アスピーテラインを登ろうと思う」と話したら、宿の人が
「え゛( ̄△ ̄;)・・・頑張ってね・・・(^ω^;)」

大丈夫かなぁ^^;・・・一抹の不安。
まぁでも別に「足付きしない!」という縛りは私の辞書には無いので、別に何とかなるでしょう、
と言う風に考えることにしました。

こちらの方のブログを参考にさせて頂きましたm(__)m

アスピーテラインヒルクライム 八幡平ミドルライド@安近短な旅の備忘録


翌日朝7時にご飯を頂きます。朝食バイキングです。
でもあんまり食べられないのよね~。私はパン派なのでこんな感じ。
これでもパンを2つ食べてるから、頑張って食べている方(笑)。
大根おろしとじゃこは好きなのでそれだけでパクパク食べてました^^;
朝食は普通ですが、大根おろしとじゃこが美味しかったな(笑)。

アスピーテラインですが、、アスピーテと言えば、ドイツのカール・シュナイダーの火山地形の分類名。
・トロイデ(鐘状火山、しょうじょうかざん)
・コニーデ(成層火山、せいそうかざん)
・アスピーテ(楯状火山、たてじょうかざん)


ですが・・・八幡平は正確にはなんと、コニーデです(笑)。
侵食などで削られて、見た目が偽アスピーテっぽくなるケースもあるようで、、
本当は「八幡平コニーデラインか・・・」なんで思いながら走り出すことにします。

本日の予定。これはGPSの実測値です。


宿から暫し下り降りて「松尾八幡平ビジターセンター」に到着。
宿にポカリが1本しか無かったので(たまたま)、ここで飲み物を調達します。
観光客のご夫婦に写真を撮ってもらい、さて出発!!
松尾八幡平ビジターセンターで飲み物を補給、この後トラブルが・・・(ノ´o`)

あれ、なんか超ペダル重いんだけど、ゴリゴリっ!
line_kao3.gif
はっ!


ワイヤーロックをホイールに付けてしまっていて(いつもはそんなとこ付けないのに)、
それをすっかり忘れて踏み込んでしまった。
シートステーとホイールの間にガチガチに絡まって取れない。。
ダイヤル式なのですが、ダイヤルが手が届かない(指が入らない)所にあって、どうしても外せない。

line_kao3.gif
が~~~~ん!!


頭真っ白・・・う~ん、これはもうワイヤーを切断するより方法がない。。
お嬢様にお願いしてビジターセンターにペンチを借りてきて貰うようお願いしました。
その間も何とかダイヤル回せないか試して見たけど全然ダメ。
そうこうしていると、ツーリング(バイク)のおじさまが「どうしたの?」とお声を掛けて下さって、事情を説明。
「ペンチ持ってるよ」で、その方がペンチで1分位頑張ってくれてワイヤーを切断することが出来ました。
その後は、一つずつ丁寧に絡んだワイヤーをほどいて、少し緩んだところでダイヤルを回して何とかロックも外れ無事取れました。
しかし、フレーム大丈夫か?!、ホイール大丈夫?、傷は付いてるけど、何とか大丈夫そう・・・。
これでどこかイカれてたらお嬢様一人で登ってきて貰うところだった・・・

おじさまにはちゃんとしたお礼も言えず、お名前も聞けず「ありがとうございました」だけで申し訳ありませんでした。
HONDAの白のCB400に乗った盛岡ナンバーのダンディなおじさま、ありがとうございました。
「どこ行くの?」と聞かれたので「アスピーテラインを・・・」と答えたら、
「さっき走ってきたけど、頂上は何も見えなかったよ^^;」と、残念なお知らせが(笑)・・・。

しかし、ホント走れたから良かったけど、、お嬢様にはご迷惑を掛けてしまいました。
ここで30分はロスってしまった・・・。

しかし、こういういかにもすぐ切れそうなワイヤーロックでホント良かった(苦笑)。
実はこの旅行の前にもう少し丈夫なのを買って行こうか迷ってて、それだったら完全アウトだったかも。
しかしホント自分のバカさ加減に自己嫌悪。


気を取り直して(私だけ)、9:30にビジターセンターを出発。出るといきなり6~7%の坂です。助走なし。
噂というか、先達のブログを見てはいたけどいきなり急登(私には)、これで20kmもひたすら登れるんかいな、でした。
体力的と言うより気力の問題なのですが、でもまぁ時速5km/hだったとしても4時間あれば着くって事だし、
実際は常に時速5km/hではない(ハズ→願望)ので、7km/h位と仮定すると3時間、
休憩入れても遅くても13時過ぎには着くよね、で自分を励ましながら登りました。
ビジターセンターを出るといきなり6~7%の坂です。助走なし。

とは言え最初からキツかったので、チラ見したサイコンでビジターセンターからまだ2km位しか走れてない、、
この10倍も登るのかよぉぉぉぉ~!!!( ̄◆ ̄; なんて思いながら走ってました。

雪深い八幡平、スノーシェードが結構あります。
先達の方々のブログでも夏は蒸し風呂のようでかなり暑い!と書いてありましたが、当日は曇りがちな晴れだったので、
想像よりはかなりマシでしたね。前日のような陽射しならかなり蒸し暑かったと思います。
スノーシェードを走ります。若干曇り気味だったので、噂に聞くよりは温室状態ではなく助かりました(笑)。

アスピーテラインはバイクの人達が一杯走ってました。でも自転車は一台も見なかった・・・。
私達より早く走って居る人達はいたかもしれませんが、少なくとも私達より遅くスタートした人達はいなかったのではと思います。
(登りが遅いので、途中で絶対抜かれているはずなので)
しかしバイクはスイスイいいなぁ~!(笑)
アスピーテラインはバイクの人達が一杯走ってました。自転車は一台も見なかった・・・。

学習院前スノーシェルター、この辺りに学習院八幡平校舎があったとのこと。
これが二つ目だったか忘れましたが、二つ目のシェルターを抜けると少し傾斜が緩くなり、インナーローでは無くてもそこそこ快適に走れました(10~12km/h前後)。
”ずっとこれくらいだと楽しくおしゃべりしながら、景色見ながらで良いのにね~^^”とお嬢様を話をしながら走りました。
学習院前スノーシェルター、この辺りに学習院八幡平校舎があったとのこと。

御在所辺りまでは割合そんな感じで一息入れながら走れるところでした。
20180722(8)_s.jpg

ビジターセンターから7km程登ると、暫し下り、下りたくね~~!と思いつつ、御在所という場所に到着。
湿原があって小一時間で散策出来るようですが(一組いました)、時間も無いし足も悪いので看板を見るだけです。
御在所湿原。小一時間で散策出来るようですが、足が悪いのと時間が無いのでパス

御在所にはバス停があります。
御在所バス停。2詰めのシェルターを過ぎると割合緩やかな登りでここまで来れました。

トイレも自販機もあるので、ここで水分補給することも出来ますね。
国立公園なので、山頂のレストハウスまで一切水が補給できるところが無いと勘違いしていました
(国立公園の指定箇所はもう少し標高が上の方のようです)
御在所には綺麗なトイレと、自販機があるのでここで水分補給は出来ます。

旧松尾鉱山の施設跡。
木々がうっそうと茂っていて見づらかった。廃墟マニアでは決してないですが、もう少しゆっくり見ても良かったな。
旧松尾鉱山の施設跡、木々がうっそうと茂っていて見づらかった。もう少しゆっくり見ても良かったな。

御在所からはまたクイッと傾斜が上がり、又もやインナーロー修行となりました。
まぁそんな(緩い登りが続く)はず無いよね…orz
御在所からはまた傾斜が上がり、インナーロー修行

10%をヘコヘコ登ります。その後は10%の坂をヘコヘコ登ります…。


御在所から5km程走ると、源太岩に到着です。
坂上田村麻呂の伝説が由来となって名付けられたもの、らしいのですが、何せ日本史が超苦手。
何も分かりません(^ω^;)…。
この格好に意味はありません、何となくポーズを取っただけです
源太岩、格好に意味はありません。

源太岩の所は少し車を停められそうな場所があり、こんな看板があります。
源太岩の所は少し車を停められそうな場所があり、こんな看板があります。

標高が1200m超えると23℃くらい、涼しくなってきました。
1000m超えると23℃くらい、涼しくなってきました。

標高1450m付近から、十和田八幡平国立公園に入ります。
標高1450m付近から、十和田八幡平国立公園に入ります。

熊沼。八幡平にはあちこち湿地帯というか沼が沢山有ります。
熊沼。八幡平にはあちこち湿地帯というか沼が沢山有ります

ビジターセンターから約16km程登ってくると、傾斜が緩くなって雲上散歩~
…のはずだったのに、雲行きが怪しく、なにより猛烈な強風が襲ってきました。
向かい風、横風、追い風は無し(笑)、インナーローでよろよろ走っていたこともあり、谷側からの突風で煽られて転けてしまいました。
イッテー!!!!(T△T)
しかも足の悪い右側に倒れたので焦ってしまい、何とかSPDペダルはロック外せましたが、ひねるような転け方しなくてホント良かったです、、、。
足首が動かないのでこういうときは本当に焦ります、、。

と言う事で余りの強風で自転車も持って行かれそうになり、ブレーキを思い切り掛けてしばらく風が収まるのを待っていたりしました。
でも全然収まらないので、諦めて徒歩で自転車をしっかり握りながら歩きましたが、あと4km位なのにこんな調子では…。
写真では分からないのですが、、風速10mは行っていたと思います。お嬢様も自転車を押して登っていました。
傾斜が緩くなってきたところ辺りから、猛烈な強風と霧で煽られて転けたりして、しばらく自転車をしっかり握って押して登りました・・・。

少し収まったところを見計らって自転車に乗ります。
とにかくスピードを出さないと風に負けてしまう…で結構必死に漕ぎました。
写真だと分かりづらいですが猛烈に風が吹いていて恐怖を感じました。

そういう状態の時は写真撮る余裕が無いので、写真からは全くそんな状態は想像できないですが、
少し身の危険も感じて、引き返そうかなとも考えて居ました。
上に行けば行くほど視界が無くなり、風ももっと強くなる。決して体重は軽くは無いけど、でも車からしたら軽~~い私達。
吹っ飛ばされちゃうなぁ、、、どうしよう…。

お嬢様も同じ事思っていたようで、でも私が「あと4kmだよね…」と言ったので、
「oshiさんは行く気なんだ…^^;」で走り続けたようです。すみません(笑) → 笑い話になって良かった^^;
ちょっと事故の話になりますが、遠いところまでわざわざ来て、途中で引き返す、という事が
如何に難しいかというのは痛いほど分かっているので、無事に降りてからちょっと反省しました…
あと2km・・・が強風と霧で遠く感じました。風が少し収まるまで当分立ち尽くしていたりして、マジで大変でした。

あと500mと言うところではもう真っ白、視界はほぼありませんでした。
加えてかなりの強風で動けず、5分以上その場に立ちつくしていて、何しに来たのか分からない状態でした。
一瞬の隙を突いて必死に漕いで、何とかレストハウス到着。霧でレストハウスも見えなくて、お嬢様が誘導してくれました。

着いた~!!

・・・・・・・・・・( ̄~ ̄)。

ひたすら20km、1200mも登ってきたのに、何も見えねーーー!
貧乏性なので1枚だけ何とか撮りましたが、これも凄い風で、髪の毛もオールバック状態でした(笑)。
ひたすら20km、1200mも登ってきたのに、何も見えねー!@八幡平

あの・・・あのCMで見た景色はどこ…
CB400のおじさまには「何も見えなかったよ」と言われたけど、一瞬の隙で雲間から~とか考えてた私が甘かったです。
登山でもこんな状態になったこと無いわ(笑)。

自転車は外に置くのも危ないのでどうしようかと思いましたが、ビジターセンターの入り口の自動ドアの内側に
2台おけたので助かりました。。風で飛んでいっちゃうよ…。
到着は12:45頃、途中で止まったり歩いたりも考えたら、休憩込みで3時間ちょいで来れたって事か、私達にしてはまぁまぁかな。

到着するまではそんなこと無かったけど、落ち着くと超~寒い!!!
半袖に腕カバーしかしてない、しかもウィンドブレーカーも当然持ってきてない(^ω^;)
お昼は源太カレーを頼みました。玉子はオマケで付けてくれるみたいですね。
寒かったので美味しかったですが、それでも体の芯が冷えきったままでやばいなって感じでした。
(真夏でもウィンドブレーカーは念のため持ってた方が良いと実感…)
源太カレー、玉子はオマケで付けてくれるみたい。

同日にバイクで走られていた方のツイッター動画を偶然見つけたので
「もとべあー 🔰バリオス2」さんのツイッターよりお借りしておりますm(__)m
こんな状態でした…。こんな状態で降りれるのかしら?!


相変わらず長いので、その2に続く。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

ガーン!凄いダイヤモンド!

昨今は「アニバーサリー」等理由を付けて有給を消化するように言われているわけですが、
先日誕生日だったので、有休取得してお休みしていました。
翌日、普通に出勤で通勤していると(首都高通勤)

バンッ!!ギャー!(@◇@;)

飛び石で凄い音が!

立派なダイヤモンドが・・・
飛び石で・・・(T_T)

どう見てもこれは交換しないとまずいひどさ。しかも秋は車検。
テンションだだ下がりでした。酷い誕生日プレゼント。。。

保険使っても免責5万なので、、5万の出費。
夏のボーナスで、ドラレコ買うつもりだったのに、フロントガラスになってしまった

どうしても通勤で使うのと9割方首都高なので、スピードも速い。
仕方ないんだけど、もう2回目の交換です(1回目は購入して3年くらい経ったところで)。

まぁでも・・・フロントガラスが守ってくれたと思うかぁ~^^;
前回同様、ディーラーで純正品で交換予定です。

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

岩手プチ合宿 安比高原~八幡平温泉郷 初日 その2

初日 その1はこちらです。

GPS捕捉が若干おかしくて、何故か国道282号線を走ってる状態になっていて、一瞬現在地が分からなくなり、
ちょっと迷ってしまったのですが、結局レインボーラインを淡々と進めば良いんだよね、に落ち着きました。

その後安比高原レインボーラインを登っていくと、なんか高原らしき景色が見えてきました!
白樺の高原っぽい景色だ~!!!
これで涼しかったら良いのですが、涼しくありません(笑)。
なんか高原らしき景色が見えてきました・・・。

安比高原のエリアに入ってきました。
高原を走るお嬢様。

安比高原スキー場に到着。トレイルランの大会が翌日あるようでレクリエーションみたいなのをやっていました。
ちなみにスキーでも来たことが無いので、初!安比です。
(岩手は山スキーで八幡平スキー場(閉鎖)しか来たことありません)
安比高原スキー場に到着。トレイルランの大会が翌日あるようでレクリエーションみたいなのをやっていました。

そして、、ここまで来て牛乳!安比高原牧場の牛乳です。
200ccじゃ足りないよ・・・。(^ω^;)
おいし~い!(^o^)
ここまで来て牛乳(笑)。でも安比高原牧場の牛乳です!

安比高原の駐車場で、ホワイトのエアウェイブSTを発見!
やっぱエアのSTは格好いいわね~、私の方がバイザーが格好いいけど(笑)。
ちなみに関西ナンバーでした。。。遠くからお越しで・・・。
白のエアウェイブST、やっぱり格好いいね、STは(笑)。

お腹空いたけど、何かお店はないのかなぁ?
ホテルから少し離れた「安比の森ティールーム」に行ってみました。
もっと大きなお店かと思っていましたが、こぢんまりとしてました。
ふぅ~!涼しい!
安比の森 ティールーム

暑いからなんか食欲ない、ということで、安比バーガーを頼みました@700円
でも結構ボリュームがあって、、ポテトが食べきれませんでした。→お嬢様に食べて貰いました^^;
安比高原バーガー@700円

安比高原牧場の生乳を多分使っているヨーグルっぺ(フルーベリー)@食べかけですみません(笑)ま、ハンバーガーが食べきれなかった理由は飲み物と間違えて、これを先に食べてしまったからです^^;
安比高原牧場の生乳を多分使っているヨーグルッペ(フルーベリー)@食べかけですみません^^;
と言う事で、安比高原牛乳もソフトクリームも無事食べることが出来ました(笑)。


ドッグランみたいなのが近くにあるようで、可愛いワンちゃんを連れているお客さんもいました。
(お店の中には入れないですが、表のデッキでは一緒に食事が出来るようです)
さて、お昼を食べて宿に戻ります。
お昼を食べて、宿に戻ります。

しかし安比高原はバブリーな雰囲気があるなぁ~^^;
ホテルが金ぴかだからか!?(^ω^;)
バブリーな雰囲気を残す安比高原^^;

さて帰りはお楽しみ、大体下り基調で八幡平に帰れるはず。。
安比高原レインボーラインを戻ります。ここは道が綺麗でホント走りやすいですね。
クルマも殆ど走ってないし・・・。
安比高原レインボーライン

岩手山がまたもやど~んと見えて、真正面に捕らえながら走ります。
下り基調なので割合ラクラク~

途中、「あせぬま橋」という所が景色が良かったので暫し写真を撮ったりしていました。
あせぬま橋からの眺め

あせぬま橋の手前の東屋で休憩、岩手山をバックに。
あせぬま橋の手前の東屋で休憩、岩手山をバックに。

東屋で、トンボが結構飛んでいて・・・一匹とにらめっこ。
トンボくんもこちらを見ていて、頭をしきりに動かしていました(笑)。
トンボとにらめっこ

その後、3km程下って県道45号線とぶつかります。そこを右折して八幡平温泉郷へ。
傾斜は大したことないけど地味な登り+向かい風に、疲れた足にはちょっと大変でした。
また当初引いていた宿へのショートカット(距離も傾斜も)を間違えてしまい、無駄に6~7%の登り修行をしてしまいました^^;
(おかしいなぁ~こんな戻りに登り返し無いハズなのに・・・と思って走っていた)
八幡平温泉郷へ到着~、、も、ここからが長かった(苦笑)

16時頃宿に到着。暑い、疲れた~!宿は「八幡平ライジングサン」

とてもクチコミが良かったので予約しました。それなりに古いのでピカピカ豪華なホテル!ではないですが、
ちゃんと掃除も行き届いていて、宿のスタッフさんもほのぼのとても良い方々でした。
自転車はフロントの所に置いていて良いといわれたのですが、部屋に入れても良いですか?って聞いたら
「良いですよ~^^」でユリーはお部屋に入れさせて貰いました。
お部屋はベッド二つに、奥にソファとテーブルがあるような広さでしたので、自転車を置いても全然余裕。

このホテルの凄いのは、ソフトドリンク、お酒飲み放題。
食事の時間帯だけでは無く、チェックインしたらロビーでソフトドリンクは飲み放題、20~23時はお酒も飲み放題です。
登り返して超暑かったのもあり、ロビーでウーロン茶ガブガブ飲みました。あとはコーラも(笑)。

ロビーは大きな暖炉?があり(勿論夏は火付いてないですが)、のんびり出来るスペースが沢山あって良かったです。
ソフトドリンクがぶ飲み中(笑)のお嬢様。
八幡平ライジングサン ロビー

こんな感じで飲み放題です。
八幡平ライジングサン 飲み放題

お部屋の窓からは岩手山がどーんと見えました。
宿からの眺め、素晴らしいですね。

食事は少し休憩&お風呂に入ってからにしたかったので19時からにしました(18時からOK)。
ここの特徴は、ハーフバイキング。ハーフバイキングってなんぞや?と思っていましたが、
その名の通りで、メイン料理は提供されて、それ以外の副菜やご飯、デザートなどがバイキングでした。

初日は牛のしゃぶしゃぶと、焼き物、お作り。
しゃぶしゃぶの野菜や豆腐はバイキングに置いてありました。
これだけでも十分ですが・・・^^;
お刺身もとても美味しい~、岩手は海の物も山の物も美味しい所だなぁ。
バイキングにはホヤがあって、多分初めて食べたけどとても美味しかったです。

ご飯も一口うな丼とか、雲丹ご飯とか、カレーとか色々有ってとても全部は食べられません。
デザートもフルーツもあるし、アイスクリームもあるし。。。
バイキングの料理も、伊○園ホテルズとは違って(あれはアレで良いのですが^^;;いつも同じ値段だし→10月から変わるみたいですね)、質が良く美味しかったです。
1日目の食事、ハーフバイキングですが、提供される食事で結構十分^^;牛肉のしゃぶしゃぶ(野菜はバイキングに置いてある)、焼き物。

お刺身も美味しかった~♥

ソフトドリンク、ビール、ワイン、梅酒、日本酒飲み放題、日本酒は20種類以上あるのでびっくり。
初日は梅酒があることに気が付かず、ウーロン茶やコーラ飲んでました。
ソフトドリンク、ビール、ワイン、梅酒、日本酒飲み放題、日本酒は20種類以上あるのでびっくり。

しかし、、土曜日だというのにお客さんは5,6組。
このホテルは台湾に事務所を構えて直接台湾のお客さんを呼ぶようにもしているようですが、
当日は偶然というか、全くいなくて日本人のお客のみで、とても静かでした。
(クチコミを見ると台湾からのお客さんが沢山と書いて有ったので、それを想定していたので肩すかし

食事の給仕をして下さる方もとても心配りされていて、心地よくお食事できました。
妹に飲み放題の写真をLINEしたら「旦那がこのためだけに今すぐ行きたいと言っている(笑)」とのことでした。
酒飲みには最高の宿ですね、温泉は八幡平なので当然掛け流し、お客さんが少なかったのもあって、温泉も独占、
露天風呂も景色も爽やかでとても良かったです。

この日は朝3:30に起きて、寝不足で輪行で移動、暑い中走る、登る・・・でさすがに疲れた、
お嬢様も最寄り駅からだと「はやぶさ」の始発に間に合わないので、別の駅まで走る羽目になったのもあり、
二人そろってお疲れ、、明日もあるし22時には就寝しました。

明日はこの旅メインの「八幡平アスピーテライン」
楽しみ~登り切れるか不安ですが、まぁ、別になんとでもなるか(笑)。


今日の走行記録
走行距離:約50km
獲得標高910m位

背中のポケットが暑すぎたのか、cateyeサイコンのログがぶち切れぶち切れで、ちゃんとトータルで取れていませんでした。
繋げて加工したのが、その1のルートラボになります。と言う事で大体これくらい。
本当は700mの獲得標高の予定が、宿に戻る道を間違えて無駄に登ってしまったので900m超えてました(笑)。



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

君に見せたい東北がある!・・・に乗せられ岩手・安比高原へ。お嬢様と二人でプチ合宿 初日 その1

昨年の北海道はツアーで取っていましたが、ツアーは安く取れるがキャンセルやキャンセル料が早めにかかるのがネック。
単なる観光ならよっぽどじゃない限り雨天でも決行ですが、自転車で雨だと何もやる気が出ない。
と言う事で、今年の東北は輪行だし雨なら順延、でツアーにはせず、ちょっと高く付くけど宿も新幹線も自分で取りました。
ダメなら翌週の金土日、で新幹線の指定席やら宿やら気合いを入れて予約。
結果的に最初に予定した日程で行けそうだったので、やおら準備です。

しかし金曜日もあんまり早く帰れず、帰宅は22時。ふぇ~もうこれで5時には家出るんだよな(;^_^A アセアセ…
一応事前に宿泊地には着替えなどの荷物は送っておきました。
当日は自転車と、SPDシューズや、帰りの着替えなどを持って行くのみ。
迷ったけど、昔の山のザックをごそごそ取り出してそれを背負って行く事に。
10年以上ぶりに出したから少しカビ生えてました(笑)。アルコールで消毒して荷物詰め詰め。。

お嬢様は東京駅から、私は大宮駅から。東京駅でも良いんだけど、まぁ戻る必要は無いのと、
少しでも北に向かった方が特急券が安い(笑)。
あとは途中どこかのコインパーキングに停めたいと考えていたので、より都心ではない方が良いかなと思った訳です。
20km位なので、自走して行ってもいいけど、帰りに夜走って帰るのがイヤ、で車にしました。

朝、家を出る直前にNHK付けていて4:59から1分間、なんとこれが流れた!
今年もこれ使ってるのか~(元々昨年の夏のもの)
いやが上にも気分が盛り上がって出発(笑)。

岩手・八幡平編「君に見せたい東北がある」 おいで東北/NHK東北


大宮駅付近は駐車場も高い!ので、ここはチャリの利点、与野辺りで600円/24H(繰り返しあり)を見つけてそこに駐車。
そこから2,3km走って大宮駅です。
大宮に5:30到着、そこからパッキングしましたが蒸し暑くて、、ボタボタ汗が落ちてきました。まだ6時前なのに。

ちなみにタイムズは48時間以上連続駐車できませんが、NPCは大丈夫そうです(調べた限り)。
今回は2泊3日なので、NPCにしました。
またよっぽど現地で記載が無い限り、24時間900円、や、24時まで900円とかある場合、
繰り返し適用される、とのことでした(自分への備忘録です、、(^ω^;))

大宮駅で「はやぶさ」の始発待ち閑話休題。

無事パッキングして新幹線のホームに向かいます。
朝ご飯をキオスク等で考えていたのですが、開いてねー!
ホームの売店も勿論開いてねー!!!

”6:30に開店します”

出発は6:26ですけど( ̄◇ ̄;;)
東京駅ならさすがにこんな事は無いんでしょうが^^;
次回は朝ご飯は何か買ってこよう・・・。


始発の「はやぶさ」はガラガラで、、余裕で自転車をおけました。そして無事始発の「はやぶさ」に搭乗。
心配してたけど、ガラガラで、1車両に10人くらいしか乗ってませんでした。。。
一番後ろの3列席を予約していましたが、2列席にもお客さんは乗っておらず余裕で自転車を置くことが出来ました。
2列シートの後ろでも、通路にはギリですがはみ出さず、良いですね。

さて、お嬢様と無事合流出来たし、車内販売で朝ご飯調達!・・・
と思ったら、お嬢様が一言。
「なんかさっき車内放送で、”この電車は車内販売はございません”って言うたはった様な・・・」
「え゛( ̄◆ ̄;)」
トホホ・・・始発だからなのか、土日の早朝だからなのか、ことごとく振られてしまい、何も食べるものがない・・・。

と言う事で、お嬢様が買ったおにぎりを一つ分けて貰いました(T_T)ありがとう。

その後は暫しお話しながら、ウトウトしながらあっという間に盛岡に到着。
東京駅からだと2時間10分位、品川~京都と同じ位ですね。

盛岡駅構内(これは帰りなので、若干人が多いです)。
当初すぐにいわて銀河鉄道に乗り換えるつもりでしたが、1本遅らせてドトールで休憩。
その後、靴を履き替えコインロッカーにザックなどを詰めました。suicaがキーになるタイプで便利です。
盛岡駅に到着(これは帰りの写真)

その後いわて銀河鉄道(IGR)に乗り換え。乗り換えは5分もあれば大丈夫です。
いわて銀河鉄道の車両は右側、左側手前の電車は乗り入れしている「青い森鉄道」の車両ですが、
私達が乗る電車はこの電車、八戸まで行けちゃう電車らしい。
いわて銀河鉄道に乗り換え

青い森鉄道の車両、キャラクターのモーリーが描いてあり可愛らしい電車です。
車両はJR東日本から譲渡されているものらしいので、中は普通の山の手線みたいな感じ。
乗り入れしている青い森鉄道でした、可愛い。八戸まで行けてしまう。

土曜の朝、盛岡への上り電車は2両の車両に沢山にお客さんが降りてきましたが、下り電車は人もまばら。
牧歌的な車内と、牧歌的な駅を見ながら30分弱乗ってました。
牧歌的な車内と、駅。

IGR好摩駅に到着。ここはいわて銀河鉄道のいわて銀河鉄道線と、JR東日本の花輪線が乗り入れしていて、
花輪線に乗り換えて松尾八幡平駅に行く方が楽なのだけど、電車の本数がかなり少ないため、
好摩駅で降りて走るのが一番効率的かなと予定を変更していました。

☆本日の予定ルート☆
距離は50km弱、獲得標高は700mちょっと。
初日だし寝不足で移動もしてるし観光ポタリングならこれくらいが妥当かなと^^;


好摩駅は、石川啄木が上京する際に使った駅らしいのですが、そんな面影やモニュメントは無かったです。
改札のある建物に入るには手動で(タッチして)ドアを開ける必要があったのですが、私達が自転車を持ってえっちらおっちら歩いてきていたのが見えていたせいか、係員の方が親切なことにタッチして開けてくれました。
その時にお嬢様が目から下をカバーで覆った状態で歩いてきたので、
何か係員の方のツボに入ったらしく、本当におかしそうな顔をして、でも必死に我慢して、どうぞ、って感じだったのがおかしかったです。
IGR好摩駅で降りました。

エレベーターで西口の1Fに降りて階段側の日陰で自転車を組み立てました。
駅は綺麗だし、駅に隣接したトイレも凄く綺麗でウォシュレット付き。
ホントここ15年くらいで公衆トイレの整備ぶりと言ったら・・・。
輪行バックを畳んでユリーのサドルに取り付けました。
ちょっとデカいけどでもまぁ別にこれで走れるので便利で良いですね。
好摩駅西口は日陰で自転車を組み立てられる良い場所がありました。

そこで先程のルートと現在地を確認していたら、近くを通りかかった方から「どこに行くの?」と聞かれたので、
これから安比高原に行って、八幡平温泉郷に行くと伝えてスマホの地図を見せたら、
「あ~この道じゃ無くて、少し手前の広域農道を走っていったら、車も少ないし少し近道になるよ^^」
と親切に教えて下さいました。

☆最終的に走ったルート☆
元々は駅から県道301号を西に走り、国道282号にぶつかったところで282号を北上でしたが、
県道301号をしばらく走ると、右手に好摩変電所があるのでそこを右折するといいよ、って教えて貰ったのでその通りに行きました。


10:30ちょっと前に駅を出発。県道を走って好摩変電所を右折して入った広域農道。
車も余り走っていないし、信号もないのでのんびり走れました。
後で国道に合流した後、やっぱりこの道で来て良かったな~って実感しました。
さすがに国道282号はそこそこ車が通る道でしたので・・・。
広域農道を走る、牧歌的で良かったです。

広域農道から左手を見るとデ~ン!と岩手山
広域農道から見る岩手山

駅から11km程走った後突き当たりを左折。赤川の橋の上で岩手山をバックに記念撮影。
この橋を渡ると国道と合流です。
本当にどこを走っていても岩手山が近くにあるのを実感出来る感じでした。
駅から11km程走った後突き当たりを左折。赤川の橋の上で記念撮影。

国道282号は車も多いし、車道を走るので慎重に走ります。
その後JR花輪線の松尾八幡平駅を少し過ぎた所を左折して、安比高原レインボーラインに通じる道を走ります。
ここには、ここで名水で有名らしい長嶺神社というのがあります。
大体平坦で走ってきたのですが、急にぐいっと斜度が上がったので、暑いし疲れたのもあって、ここで一旦休憩です。

盛岡駅に着いたときは、まだ朝と言うもありさすがに関東よりは少し過ごしやすい、と思いましたが、
日が昇ってくると、やっぱり暑い、蒸し暑い!(まぁ北海道でも暑かったので、東北では推して知るべしですが
国道282号を暫し北上し、7km程走ったところで左側の安比高原レインボーラインに入ります。ここで名水で有名らしい長嶺神社で休憩。

地元の方も車で名水を汲みに来ていました。
お嬢様が水を汲みに行ってくれて、冷たいお水を戴けました。
隣接していた東屋で清流の音を聞きながら、しばしのんびり休憩しました。
地元の方も名水を汲みに来ていました。

その後はいきなり登り、所々8%の看板が見えて萎えますが、10%までは気持ち的には頑張れるので(笑)、淡々と登りました。
でもやっぱり陽射しがあるとしんどさが倍増だなぁ~(^ω^;)雨よりマシですが。
ここからはしばらく登り、8%もありました^^;

3km程登ると、安比高原レインボーラインとぶつかり、そこを安比高原方面へ右折します。
4km程登ったところで、安比高原に向けて右折です。

そこからは結構坂が緩やかになり、「安比高原レインボーライン」という看板も目に入って、
”高原サイクリングしているんだ~”と言うプラセボ効果もあり(笑)、なかなか快適な走りでした。路面も綺麗で良いですね~。
車も、、最初に走った広域農道より走っていませんでした。ここも元々は広域農道だったようですが。
安比高原レインボーライン、ここは割と緩やかなアップダウンで路面を綺麗で良かったです。

緩やかなアップダウンがありますが、最初の登りよりマシ。平均4%位。
登るお嬢様です。
しかしこんな良い道があるけど、人っ子一人チャリダーに会わないぞ?
この温度だと地元の人走らないのかしら(笑)?それとも時間帯が遅すぎなのかしら。(^ω^;)
↓この時点で12時くらい。そりゃ暑いかぁ~^^;
登るお嬢様

そろそろ安比高原が見えてくるはずだけど~・・・地図を確かめ確かめ走ります。
このまま道なりに走っていれば良いはずだけど、なんかGPSがおかしいような??

相変わらず長いので、次に続きます。(^ω^;)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村
About this site
ゲレンデスキー&山スキー&登山に関するチマチマした事を備忘録としてblogで記録しておく事にしました。・・・^^;、が今は出来なくなったので、色々な備忘録・日記です。。
About me
晴れ女活動日記☆番外編
本家はこちらです。